|

夜に咲いて明け方に散る幻想的な花「サガリバナ鑑賞会」

夜に咲いて明け方に散る幻想的な花「サガリバナ鑑賞会」

今年も夜しか咲かないサガリバナの季節が近づいてきました。6月下旬~7月上旬にかけて、各地で咲き始めるサガリバナ(サワフジ)のライトアップイベントが、那覇市の国場、首里、末吉公園の三か所で開催されます。

 

【サガリバナ鑑賞会・夏の夜の花見3ヵ所で開催】

【国場集落】

日時:6月24日(日)20:00~21:00

場所:那覇市国場の集落内

内容:サガリバナのライトアップと専門ガイドによるサガリバナ等の解説

定員:30名(要申込)

参加費:300円

集合場所:古謝泌尿器科クリニック前

【首里崎山町馬場通り】

日時:6月30日(土)19:00~21:30

   7月1日(日)19:30~21:30

場所:首里崎山馬場通り

内容:サガリバナのライトアップと専門ガイドによるサガリバナ等の解説

定員:なし(ご自由にご覧いただけます)

参加費:無料

【末吉公園】

日時:7月7日(土)19:30~21:30

   7月8日(日)19:30~21:30

場所:末吉公園内

内容:サガリバナのライトアップと専門ガイドによるサガリバナ等の解説

定員:なし(ご自由にご覧いただけます)

参加費:無料

 



【サガリバナとは】

サガリバナは奄美大島以南に分布する、高さ2m~10mほどの木で、河口などの水辺に自生しています。

毎年6月下旬から8月にかけて、芳香と共に白やピンク色の花を咲かせます。花は日没頃から開き始め、20時~21時頃に満開となり、明け方には散ってしまう夜しか咲かない花なのです。光に照らし出された花や、明け方に1つ、また1つと落花する様子は実に幻想的です。首里では「キーフジ」と呼ばれ、琉球王朝時代に珍重されていました。

この幻想的なサガリバナをぜひ観に行ってくださいね!

★詳細は「おきなわ環境クラブ」のHPにてご確認ください。

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »