|

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット7選

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット7選

沖縄といえば青い海と青い空。それに美しい夕日が加わればコンプリート!!ドライブの途中、サンセットスポットの近くに居たら少し立ち寄って、綺麗な夕日に癒されてみてはいかがでしょうか?夕日が海に沈む光景は、昼間の海とはまた違った一面を見させてくれます!

 

中頭郡北谷/宮城海岸の夕日

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット

美浜アメリカンヴィレッジから車で約5分の場所にある「宮城海岸」。シュノーケリングやダイビングのメッカで、多くのサーファーが集まる聖地でもあり、地元の若者が集まるデートスポットとしても注目されてます。海岸沿いには、のんびりと海を眺められる素敵なカフェやレストランもあるので、天気のいい日に立ち寄るのもおすすめ。地元の人は散歩にジョギングを楽しむなど、多くの人に親しまれています。防波堤に座って、の~んびりと夕日を眺めてはいかが?

北谷ライナーバスを使ってレンタカーなしでも楽々宜野湾・北谷観光へ!の記事はコチラです。

中頭郡北谷/サンセットビーチの夕日

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット

こちらも美浜アメリカンヴィレッジすぐそばの、その名も「サンセットビーチ」。地平線に沈む美しい夕日を眺めることができることから、地元の人にも人気の夕日スポット。シャワーやロッカー、サマーベットなどの設備が整っており、日中から夕暮れ時までゆっくり過ごす事ができます。

北谷美浜・アメリカンビレッジでぼろぼろジューシー!の記事はコチラです。

 

恩納村/万座毛の夕日

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット

本島西海岸にある沖縄随一の景勝地。切り立った断崖が、象の鼻の形に似ている事で有名。昼間の万座毛の海の透明度も素晴らしいですが、その特徴ある岩と夕日のコラボレーションが何とも神秘的で、サンセットスポットとしても大人気。紅に反射した東シナ海の美しさにほれぼれ。

恩納村の万座毛は、象の鼻が海に突き出している!の記事はコチラです。

中頭郡読谷村/残波岬の夕日

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット

沖縄本島で最後に夕日が沈む場所として有名な「残波岬」。シンボルの白い灯台と青い海が、だんだんとオレンジ色に染まっていく瞬間は感動モノ。油断すると泣けてきます(笑)夕日が沈んだ後も空の色や海の色など、色が変わっていく風景も楽しみましょう!

世界遺産座喜味城は見事な曲線美と残波岬を一望できる!の記事はコチラです。

国頭郡本部町/備瀬の夕日

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット

ふくぎ並木で有名な備瀬。備瀬から眺める伊江島タッチューのシルエットと夕日のコラボは最高。ふくぎ並木の一番北のはずれでは、夕日だけでなく朝日も見れる場所もあるので、備瀬に泊まった時にはどちらも堪能してくださいね。

のんびり歩きたい備瀬のフクギ並木の記事はコチラです。

豊見城市/那覇空港近くの瀬長島の夕日

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット

那覇空港から車で10分の場所にある小さな島「瀬長島」。飛行機の離発着を間近で見ることができる事で、観光客の人気スポットでもあります。オレンジ色の空に浮かぶ飛行機のシルエッと共に、沖の慶良間諸島に日が沈んでいく夕日の様子が眺められます。

那覇空港南側の「瀬長島」から着陸直前の飛行機の記事はコチラです。

 

那覇市首里/西のアザナ

沖縄本島で感動する西海岸の夕日スポット

首里城公園内にある西(いり)のアザナは、那覇市内と海を見渡せる眺めの素晴らしい場所です。ベンチもあるので、ゆったりと眺望を楽しむこともできます。ここは高台にあるので、北谷から那覇、豊見城、南風原、太平洋側の与那原までを
グルリと大パノラマで見渡せる場所。王府時代は那覇港に入る船を見張ったり、島伝いに烽火(のろし)で伝えられる信号を見る場所だったそうです。首里城の開園時間は季節によって異なるので、事前に確認してから行ってくださいね。

那覇から慶良間諸島まで一望できる「首里城 西のアザナ」の記事はコチラです。

夏休みに沖縄を訪れる際は、日の入り時間を調べてぜひ美しい夕日に癒されてみてはいかがでしょうか?

★沖縄県の日の出・日の入りマップ

(2018.8.5公開、2019.6.5更新)

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »