沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

久米島のご当地スーパーの魅力に迫る!

久米島のご当地スーパーの魅力に迫る!

旅先でご当地スーパーをまわるのはひとつの楽しみでもあります。地域密着型のスーパーマーケットには、旬な野菜や産地で水揚げされた魚介類など新鮮な食材がたくさんあり、内地には見たこともない郷土料理のお惣菜やお菓子など、気軽に地元グルメが楽しめちゃうのが魅力ですよね。ここ久米島にもローカルスーパーがいくつかあるのでご紹介したいと思います。

久米島町の「Aコープ」は島一番の品揃え

農業協同組合(Agricultural Cooperative)、略称Aコープは、農協(JA)グループのスーパーマーケットで、国産の生鮮野菜や精肉を中心に販売していて、安全で新鮮な国産農畜産物の販売拠点として全国のあらゆるところにあります。
久米島のローカルスーパー

Aコープ久米島店は、イーフビーチからサトウキビ畑を通りぬけて、内陸に少し入った県道沿いにあります。Aコープの近くには島唯一のドラッグストアや雑貨・日用品店もあるので、久米島の地元の方はここにまとめて買い出しに来る方が多いかもしれません。
Aコープには沖縄では育たない青果品をはじめ全国の食料品の他、久米島の特産品、沖縄本島のお土産まで幅広く取り揃えています。

久米島のローカルスーパー

久米島にある2つの沖縄そば「久米島そば」と「さんぼそば」

久米島のローカルスーパー
私は最終日に立ち寄ったので、久米島そばとゴーヤー、地釜島どうふを購入し、家に帰って来てから「久米島そばチャンプルー」と「地釜豆腐のゴーヤーチャンプルー」を作りました。

久米島のローカルスーパー
久米島そばを使ったオリジナル「久米島焼きそば」。ほぐすのに泡盛を使いました。

Aコープのすぐ隣にある「スーパーやましろ」

国道を車で走ってるとAコープより先に目につくのが「スーパーやましろ」。
ザ・ローカルスーパーってところでしょうか?

久米島のローカルスーパー

沖縄らしいコンクリートで出来た建物に緑の看板が目立ちます。
立て看板にも「食品・日用雑貨・洋服・雑貨」とあり、何でも売ってる様子です。
でもなぜ、久米島で一番大きいスーパーのすぐ隣にスーパーが??
ちょっと気になって入ってみました。
食品や雑貨を扱う小売店として創業した老舗スーパーらしく、食品は「Aコープ」で、雑貨や日用品は「やましろ」でということで、隣り合わせで協力しあいながらやりましょう、とはじめたらしいのですが、時代とともに扱う商品が変わり、現在のような業務体制になってしまったみたいです。

久米島のローカルスーパー

店内は縦長の陳列棚はほとんどなく、大きなフロアに、低い位置に、テーブルに置くような形で商品が並べてあります。
まるでフリーマーケットのような雰囲気で、宝探し気分が味わえそうです。
島の子供たちの水筒は、みんなスーパーやましろに買いに来るんだろうなってくらい種類が豊富で、様々なキャラクターの水筒が、たぶん誰かとかぶらないように1種類につき1~2つって感じで並んでました。これは島ならではのお店の気遣いですね。ESSE新刊の雑誌までありました。しかもなぜか定価より安いという。
本のリクエストも出来るみたいで、久米島には本屋さんがないので便利ですよね。
基本的には新品の商品ですが、中には中古品もあるかもしれません。

食品だけでなく雑貨や加工品も豊富の「おろしスーパー」

久米島のメインエリアであるイーフビーチ周辺の繁華街にある「おろしスーパー」です。
食料品をはじめ、雑貨、お土産品まで幅広い品揃えです。

久米島のローカルスーパー

ここの特徴は、冷凍食品と沖縄食材でよく使う粉ものが充実している点です。お酒も豊富にそろっていて、久米島の泡盛だけでなく、他の島酒も種類がたくさんありました。全国発送対応してるので、ここからまとめてお土産物を送ってもいいかもしれません。

久米島のローカルスーパー

実は久米島は、バニラビーンズなども作っていて特産らしいのですが、他のスーパーには見当たらず、ここの「おろしスーパー」で販売しているのを見つけました。お値段はそれなりですが、品質は良質の久米島産バニラビーンズかと思います。

素朴で懐かしい生活感あふれる仲泊エリアの「玉寄スーパー」

前回も訪れた「玉寄スーパー」は、今もまったく変わってなくて安心しました。
空港からほど近いエリアの仲泊地区ジンジンロードにあります。

久米島のローカルスーパー
ここの特徴は、なんといっても、ご当地色が強いお惣菜コーナーです。その種類の多さも驚かせられます。

久米島のローカルスーパー

お昼になると、現場仕事の人を中心に賑わいをみせ、どんどん品物がなくなっていくので、数々のラインナップをみるなら午前中がおすすめです。
青果品の数は少ないですが、入荷した時だけ、島バナナなどの果物とかが安く入手できたりします。
加工食品や日用雑貨もひととおりあり、このエリアに住んでる地元の方には欠かすことの出来ないスーパーです。
もう一つの特徴は、泡盛が充実している点です。しかもお値段が他より安めです。

久米島のローカルスーパー

特に近くにある米島酒造の泡盛は、蔵元の売店より品数が豊富にそろってます。

久米島のローカルスーパー

今回は本場泡盛時代(2004年より前)の泡盛のお宝を発見しました。気になるお値段ですが、古酒価格ではなく定価と、かなりお得にお買い物が出来てしまいました。

久米島のローカルスーパーが魅力タップリ!玉寄スーパーの記事はコチラです。

久米島のコンビニは「ファミリーマート」2店舗

久米島にもコンビニエンスストアがありました。ファミリーマート久米島イーフビーチ前店と仲泊店です。
ATMやコピー機などもあり、機能としては都会のコンビニと変わらず、24時間空いているので、ローカルスーパーやホテルの売店が閉店時間過ぎてやってないときには、やっぱり便利ですよね。

久米島のローカルスーパー

沖縄ならではの泡盛やオリオンビールなど、ご当地アルコール類はかなり豊富にそろってます。

ホテルに泊り、レストランで食事もいいかもしれませんが、キャンプ場でBBQをやってみたり、一棟貸しの貸別荘や民泊などに泊って、ローカルスーパーで地元食材を購入し、料理してみてもいいかもそれません。ローカルスーパーには、久米島の美味しい食材がたくさん揃ってますので、食材の買い出しにはとても便利です。

久米島のローカルスーパー

さらにご当地スーパーの魅力を本気で味わうなら、折りたためる保冷バッグを持って行って、生鮮食品や弁当・惣菜などをお土産に持って帰ったり、地元で収穫された季節の野菜、魚介を買って帰ってみてはいかがでしょうか。

【Aコープ久米島】

住所:沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂905ー15
営業時間:9:00~23:00
電話番号: 098-985-7788

【スーパーやましろ】

住所:沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂字906−14
電話番号:098-985-8056

【おろしスーパー】

住所:沖縄県島尻郡久米島町比嘉160−54
営業時間:10:00~21:00 (11月~3月10:00~20:00)
電話番号:098-896-8388

【玉寄(たまよせ)スーパー】

住所:〒901-3124 沖縄県島尻郡久米島町仲泊1186
営業時間:9:00~22:00
電話番号:098-985-2104

【ファミリーマート久米島イーフビーチ前店】

住所:〒901-3107 沖縄県島尻郡 久米島町謝名堂583-1
営業時間:24時間年中無休
電話番号:098-896-8411

【ファミリーマート久米島中泊店】

住所:沖縄県島尻郡久米島町字仲泊615
営業時間:24時間年中無休
電話番号:098-896-7877

(Visited 2,239 times, 4 visits today)

セブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。
その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。
 プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログをご覧ください↓
“sanakoのモト”

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »