沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

沖縄美ら海水族館の裏側・バックヤード見学ツアーに参加しました!

沖縄美ら海水族館へ行くなら、表だけじゃなく、普段は飼育員しか入れない裏側の見学ツアーに参加してもっと詳しく知りませんか?正式には、「沖縄美ら海水族館裏側まるごとウォッチング」。実は1日4組だけしか参加することが出来ない、予約も受け付けていないツアーなんです。

沖縄美ら海水族館の裏側を見るにはどうする?

裏側ツアーは1日4回

「美ら海水族館裏側まるごとウォッチング」は、休館日を除く毎日10時、11時、12時、13時の4回の実施です。1回あたり最大5名までで1グループだけになります。

【受付】

水族館エントランスを入ったすぐの専用受付カウンターです。

【料金】

1グループ5名までで5,000円。

【所要時間】

約60分

だから朝一番で行こう!

「美ら海水族館裏側まるごとウォッチング」は、電話やネット予約は受け付けていないのです。となると先着順、レンタカーなら一番近いP7駐車場が8時に開くので(水族館の開館は8時半)、一番乗りして開館を待つくらいが確実でしょう。本部町内や名護市、今帰仁村の近隣にホテルを取って行くのがおすすめです。

P7駐車場はコチラの記事をご覧ください。

朝一番に行けば、10時の裏側まるごとウォッチングがとれたとしても、裏側ツアーまで1時間半あるし、しかも水族館はまだ入館者は少なく空いているので、充分に楽しむことができます。

黒潮の海・巨大水槽を上から見よう!

沖縄美ら海水族館の巨大水槽

まずは、あのジンベエザメがいる黒潮の海・巨大水槽を上から見ます。

沖縄美ら海水族館の裏側・バックヤード見学

飼育員が解説しながら、案内してくれます。

沖縄美ら海水族館のジンベエザメ

するとあのジンベエザメが目の前にやってきました!スゴイ迫力です。

魚たちの餌を準備している調餌室に潜入!

沖縄美ら海水族館の裏側調餌室

魚たちを育てて行くには餌は欠かせません。調餌室では、魚を食べやすくカットしている姿が見られました。

沖縄美ら海水族館の裏側、冷凍庫

コチラは冷凍庫。餌が冷凍で保管されています。寒かった!!

沖縄美ら海水族館の裏側

餌を前に詳しく解説してくれました。

沖縄美ら海水族館の裏側

屋外の水槽で、魚に餌やりをすることが出来ます。

ジンベエザメを運んだクレーン

沖縄美ら海水族館の裏側

全長8.8mの巨大なジンベイザメは、このクレーンを使って運ばれました。

タブレットで細かく説明してくれます!

沖縄美ら海水族館の裏側

タツノオトシゴはなんとオスが出産します。その出産シーンを映像で見せてもらいました。

沖縄美ら海水族館の裏側

バックヤードでは、海からやってきたばかりの魚や水族館生まれの魚、病気などで治療中の魚などたくさん飼育されています。

裏側から見たジンベエザメ

沖縄美ら海水族館の裏側から見たジンベエザメ

最後に巨大水槽を裏側から独占させてもらいました。目の前を泳ぐジンベエザメは見応えがありますね。

美ら海水族館裏側まるごとウォッチングの詳細はコチラをご覧ください。

美ら海水族館に徒歩で行けるホテル

ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

出典:楽天トラベル

備瀬のフクギ並木にもすぐの立地。美ら海水族館には徒歩5分。全室オーシャンフロントで正面に伊江島が見えます。

ロイヤルビューホテル美ら海

ロイヤルビュー美ら海本部町

出典:楽天トラベル

何といっても美ら海水族館に一番近いホテル。

さぁ、どうでしたか?水族館を裏側から見たくなったでしょう。ご紹介できたのは一部ですが、裏側から見るのも勉強になります。

(Visited 270 times, 6 visits today)

徳島県徳島市出身 20代の頃は旅行会社勤務、やがて飲食業に転じ、居酒屋経営。泡盛との出会いから沖縄に通うようになる。沖縄愛は次第に深みにはまり、東京泡盛会を沖縄県酒造組合と開催したり、沖縄ファンクラブの理事をするなど、生活が沖縄化している。還暦を迎え、那覇市にマンションを借りて沖縄生活を始めてしまいました。趣味はまち歩き。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »