|

名護市制50周年を祝して打ち上げられたリレー花火!

名護市制50周年を祝して打ち上げられたリレー花火!

名護市が2020年8月1日、50歳の誕生日を迎えました。本来なら50周年を祝って、数々の祝賀行事が予定されていたものの、コロナ禍にあって、名護市民会館での行事は無観客、youtubeでの中継となったものの、東海岸のカヌチャベイ、名護市北部の羽地内海を望む屋我地島、名護漁港の3カ所をリレーする花火が打ち上げられました。

名護市制50周年の歴史

名護市制50周年

名護市は1970年8月1日に、名護町、屋部村、屋我地村、羽地村、久志村の1町4村が合併して、誕生しました。

名護の主な歴史を振り返ってみましょう!

1956年 ひんぷんガジュマルが県の天然記念物に指定

1957年 沖縄ビール(株)(現オリオンビール(株))設立

1972年 ヘリオス酒造(株)が那覇から許田に移転

1979年 日本ハムファイターズが初の春季名護キャンプ

1981年 Team Zoo(象設計集団+アトリエ・モビル)設計による名護市庁舎が完成

1994年 名桜大学開学

1997年 ひんぷんガジュマルが国の天然記念物に指定

2000年 九州沖縄サミット首脳会議がザ・ブセナテラス内の万国津梁館で開催

2006年 津嘉山酒造所が文化庁の有形文化財に指定

名護市制50周年記念リレー花火

名護市制50周年を祝う花火

リレー花火は、東海岸のカヌチャベイからスタート、羽地内海を望む屋我地島、そして、最後に名護湾の名護漁港で打ち上げられました。

名護市制50周年記念リレー花火は名護湾で打ち上げられました。

特に名護湾での花火は、20分間。光文字「NAGO50」をバックに見事な花火を見せてくれました。

名護湾で打ちあげた名護市制50周年記念リレー花火

名護湾に映える花火の美しさと迫力は満点!!

名護湾で打ち上げられた名護市制50周年記念リレー花火

名護市の市制50周年、おめでとうございます!

 

NAGO50の光文字

名護の山に光文字

名護の光文字は、毎年成人の日に名護市東江中学校出身の新成人が点し始めて25年。25年目の2020年は「命」。「礼」「親」「今」など毎年1文字のメッセージが発信されます。

今回は市制50周年を記念して「NAGO50」の文字が、2020年8月6日まで点灯されます。

次は那覇市の100周年、糸満市の50周年

沖縄県には現在11の市があります。今回の名護市より1ヶ月早く50周年を迎えた浦添市、2021年5月20日には、那覇市が市制100周年を迎えます。沖縄県全市の誕生年と2020年は何周年か古い順に表にしてみました。

特に2021年に100周年を迎える那覇市、50周年を迎える糸満市は、周年事業を盛大に祝えるように、コロナが過ぎ去っていることを願います。

取材・写真:山入端学 文:沖縄REPEAT編集部

山入端学

名護市へ移住して5年、飲食事業部「小料理ひざくら」では妻と共に厨房へ立って調理を担当、やんばる食材を活かした地産地消の料理を提供、当店は地元常連客と観光や仕事で名護へ訪れるお客様との架け橋になればと取り組んでおります。また、不動産事業部では本島北部エリアへの移住者向けに賃貸・売買物件のご紹介をさせて頂いております。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »