沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

久米仙酒造が那覇空港にウィスキー専門バーをオープン!

久米仙酒造が那覇空港にウィスキー専門バーをオープン!

泡盛の蔵元「久米仙酒造」が2022年6月11日、ウイスキー専門店『ウイスキーBAR OKINAWA BLUE(オキナワブルー)』を那覇空港に出店しました。泡盛の酒造メーカーが単独で空港内にBARを出店するのは泡盛業界で初めて。今年で創業70周年を迎える久米仙酒造の、新たな挑戦として出店を決めたそうです。

ウイスキーBAR『OKINAWA BLUE(オキナワブルー)』の場所は?

那覇空港にオープンしたウイスキー専門バー「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」の場所は、那覇空港店3階JAL側チェックインロビー裏の飲食店エリア。

沖縄のハンバーガーショップ「A&W」のすぐ近くです。

バーカウンターに座って飲むスタイル。素敵なお店ですね。

沖縄でしか造れない新たなウイスキー『沖縄 BLUE 8年』が飲める

「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」では、久米仙酒造が3つの熟成を掛け合わせてできた「熟成し続ける」世界的に希少な酒質の新しい泡盛由来のライスウイスキー「沖縄BLUE8年」や「沖縄BLUE43度」(いずれも1杯千円)などが味わえます。

この『沖縄 BLUE』の原料はお米。泡盛由来のライスウイスキーなのです。

ウイスキーには、モルト(大麦麦芽)を原料としたスコッチウイスキー、小麦を原料としたアイリッシュウイスキー、コーン由来のアメリカンウイスキー、コーンとライ麦由来原酒をブレンドしたカナディアンウイスキーなど、世界のウイスキーは様々な穀物を原料としたウイスキーがあります。

そして今回、久米仙酒造が世界に認められる「お米を原料としたウイスキー」を目指して造ったのが『沖縄 BLUE 8年』です。『沖縄 BLUE 8年』は、ロックやストレート、炭酸割りや水割りなど幅広い楽しみ方ができるのも魅力的。

「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」では、ライスウイスキーをはじめ、沖縄ならではの原料を生かしたお酒を堪能できるだけでなく、ウイスキーの年数別・ニューメイク(ウイスキー樽に詰める前の原酒)との飲み比べ体験なども楽しめます!しかも1000円で!

ニューメイクは一般流通しておらず、「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」でしか飲むことができませんので、ぜひお試しください!しかし気軽に飲み比べができるというのは嬉しいですね!

「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」では、ウイスキーのほか、オリオンビールや泡盛サワー、珈琲泡盛やジュースなども飲むことができます。

女性のバーテンダーさんが作ってくれます!「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」では、お酒の購入も可能なので、帰宅後も沖縄の思い出を振り返るアイテムとしても楽しめます。



「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」のコンセプト

出典:久米仙酒造

「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」コンセプトは、『沖縄の楽しい思い出にひたりながら、沖縄ならではのお酒体験を楽しめる場所』になること。ここ数年、自由に沖縄旅行ができませんでしたが、ようやく旅行解禁の流れが生まれ、数年ぶりに沖縄を訪れてくれたお客様に「沖縄のお酒の新しい一面」を提供できればという思いでオープンしたそうです。

・沖縄を訪れてくれた観光の皆様に、もっと沖縄を好きになってもらえるように。

・沖縄での思い出にもう1つの彩りを添えられるように。

・ご帰宅後も沖縄での体験を楽しく思い返せるように。

こういう想いがこもった、酒造メーカーだからこそできる新たなお酒体験を、ぜひお楽しみくださいね!

◆久米仙酒造の公式サイトはコチラです。

ウイスキーBAR「OKINAWA BLUE(オキナワ・ブルー)」

住所:那覇市鏡水150 ☎090-3795-5212 営業時間:10:00~21:00(L.O20:30)年中無休

(Visited 176 times, 33 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »