|

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?

沖縄の特産品、琉球在来黒豚「アグー豚」は栄養たっぷり。「鳴き声以外はすべて食べ尽くす」といわれる沖縄の豚です。そんなアグー豚の秘密を探りたく、名護にある「アグー村」に行ってきました。

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?
アグー豚は、一般的な外来種よりコレステロールが4分の1、ビタミンB1が豊富、うまみ成分が2倍以上、甘み成分が10倍以上となっています。この栄養たっぷりの「アグー豚」、大人になっても110kg程度、外来種は200kgから300kgあるので、小柄な豚です。トップの写真は純粋な雄のアグー豚です。その特徴が書かれていました。

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?

足が短くて、腹がたれている。心当たりありませんか?(笑)

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?

【アグーの歴史】

14世紀に中国からはいってきたといわれています。沖縄戦において絶滅したかと言われたくらいです。戦後、アメリカより数品種導入されて、沖縄の豚は復活していきますが、1981年に名護博物館においてアグー豚を調査したところ、30頭の確認ができ、18頭を沖縄県立北部農林高校において、戻し交配をしていきました。10年かかって、戦前に近い状態の豚に戻ってきて、現在600頭になっています。

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?

とはいえ、純粋のアグー豚を食用にとなるとまだまだ足りません。50%以上のアグーの血をひく豚をアグーとして、出荷されています。雄のアグーとの交配で品種改良をして、その味や栄養分は確保されています。

その美味しいアグー豚を食べてみましょう!アグー村のとんが丼です。

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?

 

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?

アグーといえば、「しゃぶしゃぶ」や「せいろ蒸し」などにして食べるのも最高です。脂分が落ちてよりヘルシーになります。各地にアグー豚の店がありますので、沖縄旅行の際は、是非食べてみてください。(しゃぶしゃぶはイメージでアグー村のメニューではありません。)

名護の「アグー村」アグー豚のうまさの秘密は?

【豚河小谷 アグー村】

住所:沖縄県名護市字大川73番
営業時間:10:00~17:00 月曜定休

【入場料】
・大人(高校生以上) 500円・小、中学生 300円・6才未満 無料
※アグー村で販売しているグッズや豚肉を購入する際に利用できる200円割引券がもらえます!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »