名護で昼食なら、地元の人達にも愛されるおすすめ5店舗




名護で昼食なら地元のお店で。那覇市から約60km。沖縄自動車道の終点、許田ICで降りて北部観光に行く玄関口がココです。
ひと休みしたいところですね。許田の道の駅もいいけれど、昼食をとるならここでと、地元の人達にも愛されるおすすめの5店舗をピックアップしました。

【宮里そば(みやざと)】

昼食時はいつも満席になる人気店。少し時間をづらしていくのも手ですが、基本は沖縄そばなので、回転は速い。
昆布ののった沖縄そば(ソーキそば600円、三枚肉そば600円、沖縄そば小400円)が定番だが、スパゲティ・トースト付き(500円)、トースト(100円)、カレーライス(400円)のメニューが有り、格安でうれしい。

宮里そばは沖縄で知らない人がいないくらい有名な人気店

昆布の乗った三枚肉そば。

宮里そば
 
 
住所:沖縄県名護市宮里1丁目27−2
営業時間:10:00~20:00

 

【八重そば】

名護の繁華街、スナックが並ぶ通りにこの「八重そば」がある。
八重山の八重ではなく、創業者のおばぁが八重さん。
ここの沖縄そばは、だしが入っていない状態で提供され、やかんから自分でだしを入れる。
だしは飲み放題で、美味しいのでもう少し足したくなる。

名護の中心にある人気の八重そば。やかんから出汁を注ぎます。
 
こんな感じでやかんから出汁を入れます。

やかんから出汁を注ぐのが人気のそば。八重さんの作ったそばで八重そばです。

住所: 沖縄県名護市城1-9-3
営業時間:11:00~15:00 火曜日定休

 

【名護漁港水産物直売所】

名前の通り漁協直営店舗です。日曜日の多客時は、品切れ早じまいすることもあるので注意。
駐車場は港の駐車場が目の前にあって、200台以上(調べていませんがそれぐらい広い)の広さがある。
隣に、天ぷらやが営業しており、沖縄の天ぷらはおやつ、「さかな」「いか」「いも」などの天ぷらをかじるのもおすすめです。

名護港で食べる新鮮な魚は、名護に訪れる観光客から地元の人まで人気の食堂です。
 
おすすめメニューも参考に。新鮮な魚を楽しみましょう!

名護漁港食堂は日替わりの刺身定食からシャコ貝の刺身、生もずくと本日のおすすめ品も人気です。

住所:沖縄県名護市城3-5-16
営業時間:11:00~19:00

【ひがし食堂】

ひがし食堂と言えば、沖縄ぜんざいで有名な店。夏場の土、日はかなりのお客さんがやってくる。
とはいえ、ここの基本は食堂、ランチ時は沖縄の大衆料理をいただいて、デザートに沖縄ぜんざいというコースでいかが。
沖縄ぜんざいだけの場合は、ランチ時を外して行くべし。
沖縄ぜんざいとはかき氷のこと、ベーシックなものは、上のかき氷には何もかかってなく、下に入っている小豆と白玉を掘り起こしながら食べるもの。駐車場は3台だけ。

名護のオリオンビールの近くにあるひがし食堂。ぜんざいも人気ですが、食事も美味しいです。

ちなみに、卵焼き650円、味噌汁600円ですが、定食です。
ごはんとお新香がついてきます。

名護のひがし食堂は沖縄料理から定食メニューまでおすすめの食堂です。
 
人気のぜんざい。ちょっと掘り起こしてみました。
かき氷のしたから、小豆が登場!これが沖縄のぜんざいです。

名護のひがし食堂、超人気のぜんざい。一度食べたらやみつき。

住所:沖縄県名護市大東2-7-1
営業時間:11:00~18:30

 

【ふりっぱー】

沖縄と言えば、「ステーキ」、少しだけリッチにランチで楽しみましょう。
店の裏側に駐車場が完備されています。
海にすぐ出て行けるので、夕陽の時間に合わせていくのも手です。最高の夕陽を見ることができます。
実はこの店、この地に移転するまでは先にご紹介した「宮里そば」の場所で営業していたんです!

名護でステーキで、人気のふりっぱー。ステーキだけでなくお持ち帰りのパイも大人気。
 
ふりっぱーのサーロインステーキです。

名護市人気のふりっぱーステーキは、柔らかくてジューシー。オリジナルソースも相性バツグン。
 
ランチプレートやハンバーグ、お子様ランチなどもあってありがたいですね。

名護のフリッパーはステーキ以外にもハンバーグなどの洋食も人気の海が見えるレストラン。
詳細情報はこちらの記事をご覧ください。

住所:沖縄県名護市宇茂佐162番地
営業時間:10:30~22:00

(写真、取材協力:小料理ひざくら 山入端 学さん)

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »