|

「カジマヤー」97歳の生年祝いはオープンカーで盛大に!

「カジマヤー」97歳の生年祝いはオープンカーで盛大に!

沖縄では自分の干支の年に、無病息災を願って生年祝い(トゥシビー)を行う風習があります。干支の年なので、数えで、13歳、25歳、37歳、49歳、61歳、73歳、85歳、97歳。その中の97歳のトゥシビーである「カジマヤー」とは、どんなお祝いなのでしょうか?とっても盛大なお祝いのようです。

カジマヤーとは?

 

97歳の誕生日。それをお祝いできるのが本来長寿県である沖縄だからですね。誕生日と言うより「誕生年」でお祝いする日は決まっているのです。

「カジマヤー」とは沖縄の方言で「かざぐるま」のことをいい、「風回し」からきていると言われています。沖縄のカレンダーには旧暦とそれにまつわるイベントが書かれてあるものが多く、私の家のカレンダーにも「カジマヤー」と書かれてあります。

カジマヤーは旧暦の9月7日に行うので、今年は10月5日です。カジマヤーを迎えると人は生まれ変わり、子供に戻るという言い伝えがあり、カジマヤーを迎えたおじいちゃん、おばあちゃんには、赤いお着物を着て風車を持ちお祝いをします。

一緒にお祝いをすると長寿にあやかれると言うことで、地域の方々や子ども達、皆が風車を持って沿道に立ちお祝いします。地域によってはこの日はスターのように、握手を求められたりする事もあるそうです。

 

カジマヤーのお祝いはみんな一緒に、盛大に

97歳を迎えたおじいちゃん・おばあちゃんは真っ赤なちゃんちゃんこを着て、カラフルな風車を飾ったオープンカーに乗り集落をパレードします。

とっても派手ですよね(笑)でもみんな楽しそう!無病息災を願って生年祝い(トゥシビー)を行う風習がある沖縄では、数えで、13歳、25歳、37歳、49歳、61歳、73歳、85歳、97歳を祝います。その中でも8回目の97歳のトゥシビー(生年祝い)は「カジマヤー」と呼ばれ、トゥビシーの中でも一番盛大にお祝いします。

 

長生きして笑顔で暮らせることの幸せ

数年前、近くの居酒屋に貼られていたお休みの張り紙。なんだかほっこりしますよね♪

マチグヮー(市場)では、「台所戦隊 カジマヤー」のTシャツも売られていました(笑)カメーカメー攻撃されそう!!ちなみに「カメーカメー攻撃」を説明すると、沖縄のおばぁ達は食べ物を「カメー(沖縄方言で食べなさいという意味)、カメー!!」とやたらと食べさせようとするところがあるのです。 もてなす事が好きな県民性だからこそなんですが(笑)沖縄のヒーロー「龍神マブヤー」の技にも、この「カメーカメー攻撃」があるほど、それはそれは強い技なんです!

それぞれに日々を重ねて、たくさんの人に囲まれ笑顔でいられて、長生きしてくれている事をお祝いするなんて、本当に素敵な風習だと思います。那覇ではなかなか「カジマヤー」を見かける事はありませんが、もし沖縄のどこかで見かけたら、一緒にお祝いをして、長寿にあやかりましょう!

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

2018.10.13公開、2019.9.5更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »