|

【12月の沖縄観光】気温・服装・イベント情報

【12月の沖縄観光】気温・服装・イベント情報

12月の沖縄は、台風などの影響はなく雨も少ないため、荒れた天気になることはあまりありません。平均気温は20℃を下回り、下旬になるとさすがの沖縄でも寒さを感じます。それでも海水温は23℃ほどあるため、ウェットスーツを着てダイビングやシュノーケルを楽しむことは可能。11月~2月くらいまでは降水量も非常に少なく、野外でのイベントも安心して楽しむことができます。

12月の沖縄は?

12月の沖縄観光

沖縄といえば夏!というイメージが強いですが、冬の沖縄は雨も少なく汗をかくことも少ないため、ゆっくりと観光を楽しむのにぴったり。冬休み前までは観光客も少ないので、飛行機代やホテル代の割引が受けられることも珍しくありません。 さすがにマリンレジャーを楽しむには寒すぎますので、12月はじっくりと観光施設などを巡るのも一つの方法です。それでも海水温は23℃ほどあるため、ウェットスーツを着てダイビングやシュノーケルを楽しむことは可能。ただし海を上がってからの防寒対策は必要です。本州より気温は高いものの海風が冷たいため、実際の気温より寒く感じることもあるでしょう。厚手のパーカーやジャケットの準備は必要です。

また冬の沖縄離島では、満天の星空が見られます。もちろん他の時期でも綺麗ですが、空気の澄む冬にはその輝きもさらに増すように感じられます。 そしてこの時期に盛んに行われるのが、沖縄各所で見られるイルミネーションです。北谷のアメリカンヴィレッジや、沖縄本島北部のホテルなど、美しいイルミネーションは必見です。年の終わりには「いとまんピースフルイルミネーション」という、厳かな平和の祈りを世界へと伝える特別なイベントもあります。年の終わりに、あらためて平和の意味と尊さを考えるための良い機会になるのではないでしょうか。

12月の沖縄の気候とおススメの服装

12月の沖縄観光

12月上旬は、日中であればTシャツや薄手の長袖で過ごせるくらいの温かい気候のこともあります。ただし朝晩はかなり冷えこむので、調節できる服装をおすすめします。中旬から下旬になると日中でも上着が必要な日が多くなってきます。気温はそこまで低くないものの、風が強く吹くと体感温度がグッと下がり寒くなるので、ウィンドブレーカーのような風を通さない素材の上着があればベスト。沖縄の場合、風が寒さを増すのですが、逆に風が無ければ温度計が示すとおりの暖かさになります。なので脱ぎ着できる服装がマストです。イルミネーションや花火を見る予定があるなら、その格好のまま目的地に向かわず、一度ホテルに戻って長袖に着替えた方が良いでしょう。

12月の沖縄の旬は?

12月の沖縄観光

12月の沖縄の旬なものは、スターフルーツ。その名の通り、カットした断面が星型でかわいいトロピカルフルーツです。果実自体の大きさは5~15cm、幅4~10cm程度。ジューシーな果肉は、ほどよい酸味があり、サクサクとして果物には珍しい食感です。皮は向かずにそのまま食します。食べごろは、完全に黄色になる前の、まだ少し緑色の部分が残っているような状態が一番おいしく感じると思います。甘い状態のものを食べたかったのにまだ青かったという場合は、20℃前後の室内置いておけば熟していきます。追熟を止めたい場合には、冷蔵庫内に入れるとしばらく保管できます。

12月の沖縄観光と野菜

そして島人参。細長く薄い黄色をしており、見た目はゴボウと良く似ています。香りには独特のさわやかさがあります。島ニンジンにはカロテンが豊富に含まれています。カロテンは、油と一緒に調理すると吸収がよくなりますので、ぜひ人参しりしりを召し上がってみて下さいね!

12月の沖縄観光は天体観測

沖縄の冬といえば星空です。那覇の中心地では街が明るすぎてあまり見えませんが、本島北部や離島に行くと、満天の星空を見る事ができます。沖縄の星空をバックに写真を撮ってくれる写真館もあるので、沖縄の想い出の一枚としていかがでしょうか?

★沖縄満天の星空写真「島宙記念寫眞」はいかが?の記事は、コチラをご覧ください。

★「星空保護区」認定の石垣島はなぜ星がよく見えるのか?の記事は、コチラをご覧ください。

12月の沖縄のアクティビティは?

12月の沖縄観光はアクティビティ

12月の沖縄は、雨量も少なく快適に過ごすことができるでしょう。海水浴やシュノーケルなどのマリンアクティビティは難しいですが、カヤックやカヌーなどのマリンアクティビティは楽しめます。やんばるの大自然を味わえるトレッキングや、街歩きもしやすく、気持ちの良い季節です。もしくは、屋内の温水プールがあるホテルもあるので、ゆっくりと楽しむのもいいかもしれません。

そして冬の沖縄を満喫するアクティビティの一つに「ホエールウォッチング」があります。12月~3月下旬くらいの期間限定で、シベリア海域に生息しているザトウクジラは、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海にやってきます。冬の沖縄でしか楽しめないアクティビティなので、ぜひ体験してみて下さい。

★クジラを見るなら沖縄!ホエールウォッチングは遭遇率98%!の記事は、コチラをご覧ください。

★絶景パワースポット「大石林山」でトレッキングの記事は、コチラをご覧ください。

★海中道路エリアで楽しむSUP・カヤック・パラグライダー!!の記事は、コチラをご覧ください。

★やんばるの深い森をトレッキングの記事は、コチラをご覧ください。

★那覇のホテルでプールが南国気分で楽しめるホテル7選の記事は、コチラをご覧ください。

12月の沖縄のイベントは?

12月の沖縄観光は那覇マラソン

12月のイベントといえば「NAHAマラソン」。那覇市で行われる国内最大級の市民マラソンで、那覇市旭橋をスタートし、本島南部の平和記念公園を折り返し那覇市奥武山(おうのやま)公園へと戻ってくる、42.195キロのフルマラソン。年々知名度が上がっていることもあり、NAHAマラソンのための旅行ツアーも多く組まれています。

※2020年のNAHAマラソンは中止になりました。

 

★ NAHAマラソン2019は、暑いのかそれとも・・・の記事は、コチラをご覧ください。

沖縄でもあちこちでクリスマスイルミネーションを見かけるようになります。12月から場所によっては3月くらいまでイルミネーションが楽しめる場所がありますので、ぜひ行ってみて下さい。

★沖縄ではクリスマスから春までイルミネーションがすごい!!の記事は、コチラをご覧ください。

大晦日の夜に平和祈念堂で開かれる「摩文仁・火と鐘のまつり」。鎮魂の大聖火を囲み、参加者がたいまつを掲げて、戦没者を慰霊し、平和の鐘を鳴らす催しです。まつりを通して戦争の悲惨さ平和の尊さを訴え、若い世代に伝えるとともに、ひとりひとり平和への決意を込めて新たな年を迎える行事です。機会があればぜひ参加してみてくださいね。

★大晦日は平和を祈る!糸満「摩文仁・火と鐘の祭り」の記事は、コチラをご覧ください。

12月の沖縄ツアーの目安

12月の沖縄は、旅費を安く抑えられる時期です。下旬に入ると年末料金になり、通常よりも高くなってしまいますが、それまでの期間はお得に沖縄旅行を楽しめます。この時期だからこそ、ワンランク上の高級リゾートホテルに泊まったりさまざまなアクティビティに挑戦したり、妥協せずに楽しみましょう。ただし、12月29日~31日辺りにはゴールデンウィーク並みの価格になります。

参考:JALダイナミックパッケージツアー(最安値)

※ツアー料金は常時変動しますので御了承ください。2泊3日2名1室羽田発那覇行きで料金調査

いよいよ2万円台のツアーが登場してきます。しかも、少しアッパーなホテルも低価格で案内されているケースも多く、狙い目の時期でもあります。

12/1~3、5~10、12~17、19~22 26,400円が最安値。金曜日出発を除いて低価格が出ています。この時期はホテルの選択肢も増えるし、レンタカーがついて同料金なんて当たり前にあります。

12/4、11、18(金) 31,200円 週末は5,000円くらい高くなってきますね。

12/23、24 27,000円 
12/26、27 28,500円
12/25 30,500円

12/28 35,400円
12/29 37,800円
12/30 42,800円
12/31 38,200円 

クリスマス頃から年末年始に向けて料金が徐々に上がっていきます。

沖縄大好き ケコ

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »