【7月の沖縄観光】気温・服装・イベント情報

沖縄は5月に梅雨入りし、6月に梅雨明け。8月からは台風の季節になるので、本土が梅雨時期で雨の少ない沖縄の7月は、夏を思う存分満喫できるのではないでしょうか?マリンアクティビティで楽しむもよし、観光地へドライブするもよし、一年のうちで一番沖縄らしい沖縄を思う存分楽しんでください!

7月の沖縄は?

7月の沖縄観光情報

7月の沖縄は夏まっさかり!気温も紫外線の強さもかなり上昇します。ただ沖縄の7月の平均気温は31℃で、本土の気温に比べると低め。但し、日差しがかなり強いので、日焼けには要注意です。7月以降の沖縄は、必ず県内各地のどこかでイベントや祭りが開催されているので、見どころ満載!!

7月はハイシーズンですが、夏休みが始まる前までは、混み具合は緩やかなので狙い目かも。雨が少なく、気温も高い7月の沖縄には、たくさんの観光客が押し寄せます。7月はどの観光名所でも混雑は避けられず、コストも高くなりがちですが、一番沖縄らしい沖縄を楽しめる季節。本土では味わえない、南国の青い海と空があなたを待っています。夏休みに入ると、ビーチではシュノーケリングやジェットスキーなどマリンアクティビティを楽しむ観光客で賑います。天気の良い日の昼間、観光客は観光名所を訪れることが多いので、昼間の国際通りは案外空いていることも。ゆっくりとお土産を選ぶのには最適です。

7月の沖縄の気候とおススメの服装は?

7月の沖縄の服装はコレ

最高気温が30度を超える日も多くなりますが、本土のように気温が35℃を超えることは、あまりありません。但し、この時期に注意したいことは紫外線対策です。曇りでも相当な紫外線量なので、出かける際には日焼け止めを塗ったり、薄手のカーディガンを着るなど、万全の対策をとりましょう。

そして夏の沖縄では、カタブイとよばれる局地的なスコールが降る事が多くあります。カタブイを漢字で書くと、「片降い」または「偏降い」と書き、自分のいる場所は陽が差して晴れているのに、道路を隔てた反対側は大雨が降っているという局地的な降り方のこと。または、日中、少し風が涼しいなあ、と思っていたら、たちまち大きな雲が空一面に広がり、まるでバケツをひっくり返したような大雨が30分くらい降ることがあるので、要注意です。

服装は、タンクトップやショートパンツなどの軽装で大丈夫ですが、日中の観光は日焼け止めやサングラス、日傘や帽子などで夏の日差しから身を守る対策が必要です。熱中症予防のため、水分補給はこまめにしましょう。

7月の沖縄の旬は?

7月の旬はパインアップル

7月の沖縄の旬のものは、みんな大好きパイナップル!みずみずしく甘いパイナップルは、そのまま食べてもジュースにしても美味しいですよね!パイナップルには様々な品種があり、7月に出回るのは、スナックパインという品種!

7月の旬はスナックパイン

スナックパインはボゴールパインとも呼ばれ、台湾が発祥だと言われています。現在では沖縄県を中心に栽培されており、非常に希少価値の高い品種なんですよ!一般的なパイナップルに比べるとひとまわりほど小さく、果肉のすきまが大きいのが特徴です。また味の面では酸味が少なく、香りは強め。甘みがぎゅっと濃縮されているので、通常のパイナップルのすっぱさが苦手という人も、スナックパインであればおいしく食べれます!そしてスナックパインの特徴は、ちぎって食べられること!パインの皮を一節つまんで引っ張るとあら不思議。一口分がちぎれるんです。

スナックパインは、沖縄の市場はもちろん、スーパーなどでも1玉300円前後で売られているので、ホテルのお部屋でちぎって食べるのもいいかも!

7月上旬ならサガリバナ

またこの時期の旬の花は「サガリバナ」。サガリバナは、夜に咲き朝方には散ってしまう幻想的な花なのです。那覇市内でも見られる場所もありますが、各地で無料開催の「サガリバナ鑑賞会」などもあるので、タイミングが合えばぜひ!

★夜に咲いて明け方に散る幻想的な花「サガリバナ鑑賞会」の記事はコチラです。

7月の沖縄のおススメアクティビティは?

7月はマリンレジャー

7月の沖縄おススメは、やはりマリンアクティビティ!ダイビングにシュノーケル、バナナボートにパラセーリングに海上アスレチックと、7月の沖縄は、マリンアクティビティが充実しています。パラセーリングで気軽に空の旅をするもよし、果てしない水平線が広がる真っ青な海上を、走り抜けるスリル満点のバナナボートやスーパーマーブル!爽快感のあるジェットスキーや海上を飛べるフライボードなどプランは盛りだくさん!初めてでも、ショップのインストラクターが丁寧に遊び方を教えてくれるので、安心して参加できますよ。

そして本島周辺の離島に訪れてみるのは如何でしょうか?水納島は高速船でたったの15分で行ける離島。カラフルな熱帯魚をみることができます。那覇から車で気軽に行ける離島、瀬底島もおススメ。恩納村の青の洞窟ではシュノーケルや体験ダイビングも楽しめます。

★大人も大はしゃぎ!海上アスレチックのあるホテル・ビーチ5選!の記事はコチラです。

★那覇から近い!お勧めシュノーケリングスポット5選の記事はコチラです。

★那覇発【水中速報】ケラマブルーの海をダイビング!旅行者必見!のコチラです。

7月の沖縄のイベントは?

7月のイベントは花火

7月の沖縄はイベントが盛りだくさん。花火大会やハーリー、エイサーなどあちらこちらで楽しいイベントが開催されます。その中でも人気のイベントは、夏の風物詩の「花火」。県内の各所で花火が打ち上げられますが、中でも「海洋博公園サマーフェスティバル(海洋博公園花火大会)」は、最大級の花火イベントです。

祭り会場では、オリオンビールのブースも出店していることが多いので、オリオンビールの美味しい生ビールを飲む楽しみもあります。西表島や鳩間島の豊年祭や、渡嘉敷島の鯨海峡とかしきまつりなど、離島でも楽しめるイベントが開催されます。

また7月5日には、今年、市制50周年を迎えた「名護の日イベント」や、名護の美味しい物が集結した「75-1グランプリ」、また7月8日には、施設が無料開放になる「那覇の日イベント」、那覇市沖映通りで1週間毎日落語が聴ける「うまんちゅ落語会」が開催されます。

★ 名護の日はイベント盛りだくさん!みんなでNAGOへGO!の記事はコチラです。

★名護の飲食店が創作料理で祭典!75-1グランプリ2019は「島豆腐」!の記事はコチラです。

★7月8日那覇の日は、無料開放の施設でお得に楽しもう!の記事はコチラです。

★沖映通りで1週間の落語フェス!第3回うまんちゅ落語祭り開催の記事はコチラです。

7月の沖縄ツアーの目安

7月の沖縄ツアーの目安

7月の沖縄は、梅雨が明けていよいよ夏真っ盛り。美しく青い海と空を楽しむには、旅行のベストシーズンといえるでしょう。また夏休みに向けて旅行客が増え、旅行代金が上昇する人気のシーズンでもあります。旅費の大半を占める交通費と宿泊費はできるだけ安く手配したいですよね!

7月23日の海の日(祝日)を境目に夏休みシーズンに入るため、7月前半と比べると料金目安として一人あたり約1万円ほどアップします。 また、海の日を含む連休前後は、出発日を1日変更するだけで一人あたり3万円強も料金が安くなることもあるので、出発予定日前後の価格差も比較して日程を決めるとよいでしょう。

旅行代金が一年の間で最も高くなる7月の、レンタカー付きパッケージツアーの相場を見てみると、「海の日」の連休あたりから金額が10万円を超えることも。リゾートホテルだけでなく格安ホテルの宿泊費も、6月に比べると倍近く高くなるケースがあります。ツアーだけでなく航空券単体でも価格が高いので、早めの予約がおすすめ。

例えば、フライトの時間を変更するだけで、料金が安くなることもあります。沖縄到着を最終にし、沖縄出発を始発の便にすると、お値段がグッと下がることも。また、フライトを変更すると、ホテルも安い価格での選択肢が増えますので、旅費を抑えることができます。

参考:JALダイナミックパッケージツアー(最安値)

※ツアー料金は常時変動しますので御了承ください。2泊3日2名1室羽田発那覇行きで料金調査

7/1~14 平日週末問わず38600円が最安値。この時期はホテルの選択肢も増えるし、レンタカーがついて同料金なんて当たり前にあります。

7/15・16 44,200円。

7/17~21 49,800円。 週末から夏休み料金へ。

7/22~26 53,500円~75,300円 連休のピークは、最安値で沖縄入りの場合、関空で乗り継ぎの方が安かったりしますし、最安値のホテルは選択肢が狭くなります。

7/27~31 52,000円。

もし、休みが調整できるなら、7月上旬に行きたいですね。

沖縄大好き ケコ

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »