|

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」

沖縄といえば青い海。沖縄本島で青い海を見るには、やはり北部まで行かなきゃ見れないよね・・・なんて思っていませんか?いえいえ綺麗な海が見れるスポットは北部だけではありません!沖縄本島南部にも海を見渡せる、感動モノの絶景スポットがあるんです!

 

【トンネルの先にある海と空が同じ色】

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」へ入るトンネル

那覇空港から「ニライカナイ橋」までは約30キロ。所要時間は1時間弱。県道86号線から国道331号線へ下りていくところに「ニライカナイ橋」は架かっています。「運転しながら空を飛んでいる気分」を味わえるのがこの橋の醍醐味♪

「ニライカナイ橋」は、ニライ橋とカナイ橋の二つの橋がくっついて大きなU字カーブのようになっており、上を走るのが『ニライ橋』、下を走るのが『カナイ橋』。この二つの橋を合わせて「ニライカナイ橋」と呼ばれています。

 

【トンネルと抜けるとそこは・・・の前に展望台へ】

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」展望台はここから

先ほどのトンネルを抜けると、「ニライカナイ橋」に続くのですか、残念ながら橋の上では駐停車禁止。だからゆっくりと写真が撮れません。だからといって車のスピードを落として写真を撮る事もとても危険なので、橋を渡る前に展望台へ行きましょう!展望台といっても専用駐車場があるような施設ではないので、路肩に車を止めて、歩いて展望台へ向かいます。もちろん無料。

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」の隣は防衛省

道の途中の金網の向こう側は自衛隊の用地なので、もし自衛隊の方から車の移動指示があれば、それに従って車を停めましょう。

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」

展望台への道は2本の道に分かれていますが、どちらから上がっても道は繋がっています。この看板が目印!

 

【絶景を目指して歩くこと数分】

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」展望台へ歩く

トンネルの両サイドにあるどちらかの坂道を上ってください。

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」展望台までの歩道

青空を見ながらなだらかな坂を上ります。

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」展望台

青い海が見えてきたぞ~!!もうすぐだ~がんばれ私!すると、おやおや?先客のカップルがイイ感じに海を観てる・・・お邪魔かしら?でもお邪魔するわよ~(魅川憲一郎風)



【絶景ポイントに到着】

沖縄本島南部の絶景ポイント「ニライカナイ橋 」

ひゃ~美しい!海から吹く風も気持ちいいわぁ~♪この絶景を見た後に、また車で橋を渡ると思うと一段とテンションが上がる~

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」から久高島と知念岬

展望台からは、琉球開闢の祖となった『アマミキヨ』が住んでいたという伝説の残る神の島、「久高島」も望むことができます。そして写真左手のこんもりしている森は「知念岬」です。

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋 」展望台

展望台にはこのような柵があるだけ!なので風景を遮るものもなく、誰でもポストカードのような写真が撮れます(笑)でも一番のおススメは、車を置いて橋を歩いて渡ること。かなりの距離はありますが、もっと近くに青い海を感じる事ができるので、歩く価値ありです。

歩いた方が絶景を楽しみやすいですが、ドライバー目線の動画で運転しながら空を飛んでる気分でニライカナイ橋をお楽しみください。

ちなみに『ニライカナイ』とは、遠い海の彼方に、理想郷の神の国があるという信仰。この『ニライカナイ』を語りだすと長くなるので、また次の機会にしましょうね。『ニライカナイ』に思いをはせながら、ぜひこの絶景をカメラに収めてくださいね~

 

【ニライ橋カナイ橋】

住所:沖縄県南城市知念知念 県道86号線 

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »