アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

沖縄には古くから祖先を敬い、自然の恵みに感謝し祀ってきた歴史・文化があります。 「東御廻り(あがりうまーい)」は、そんな琉球の精神文化にふれる旅といわれています。「東御廻り(あがりうまーい)」は沖縄本島の14の聖地を巡る旅。その中の一つ琉球の創世神アマミキヨが久高島から沖縄本島に降り立った聖地「ヤハラヅカサ」を紹介します。

 

【琉球の創世神アマミキヨとは】

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

琉球民族の祖霊神と言われている「アマミキヨ」は、琉球の神話では日の大神(天にある最高神)は琉球を神の住むべき霊所であると認め、創世神・アマミキヨに命じて島づくり国づくりを命じました。 天上より琉球の地に降りたアマミキヨは、この命を受け、沖縄本島を創ったとされています。 現在では、アマミキヨによって創られた聖地のうち7つが、琉球開びゃく七御嶽として語り継がれ、琉球の信仰において最も神聖な御嶽として位置づけられています。

 

【アマミキヨの仮住まいをした浜川御嶽】

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

「ヤハラヅカサ」のすぐ近くの森には「浜川御嶽(ハマガーウタキ)」があり、百名ビーチ北端の崖の上にある御嶽です。

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

この場所は、アマミキヨがヤハラヅカサに降り立った後、仮住まいをした地とされています。浜川とは海のそばの湧き水のことであり、アマミキヨはこの水で疲れを癒し、近くの洞窟にしばらく住んだのちに、「ミントングスク」という場所に移り住んだと言われています。「ミントングスク」もいずれ紹介したいと思います。

 

【ヤハラヅカサ】

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

「浜川御嶽」と「ヤハラヅカサ」は東御廻りの巡拝地の一つ。「ヤハラヅカサ」は琉球開闢神アマミキヨがニライカナイから渡来し、久高島に降り立ち、次に沖縄本島に降り立った最初の地と伝えられています。そして「浜川御嶽」を仮住まいにしたという事です。

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

浜川御嶽からは石段を使って浜に降ります。結構険しいです。

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

海の方へ抜けると綺麗な砂浜が広がり・・・

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

そして青い海の中にある石碑がヤハラヅカサです。ヤハラヅカサは琉球石灰岩でつくられた石碑で、石碑の下の部分にはいつの頃からか香炉が設けられています。満潮時には海中に没して見えなくなり、干潮時に全貌を現す。そのため干潮のときでなければ渡ることができず、間近で拝むことができません。ちなみにこの日はほんの少しだけ見えています。

 

 

【神聖なる場所】

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

干潮時のヤハラヅカサ。清らかな砂浜、おだやかな波の向こうには石碑が立ち、さらにその左手・東側には聖なる久高島も見える場所にあります。実は私、沖縄大好きケコが沖縄で一番好きな場所なんです。たまに行くと御拝(ウガン)中の方もいらっしゃるので、邪魔をしないように気を付けます。



【浜比嘉島にあるアマミキヨのお墓】

アマミキヨが降り立った海の中に建つ聖地「ヤハラヅカサ」

浜比嘉島にはアマミキヨのお墓「アマミチュー」があります。「アマミチュー」は、アマンジと呼ばれている小さな島にあり、昔は干潮の時にしかアマンジに行くことが出来ませんでしたが、今は、コンクリートの道が作られているので、いつでもアマミチューへ行くことができます。この「アマミチュー」にも言い伝えがあるので、いずれ詳しく紹介したいと思います。

「浜比嘉島」パワースポットとゆったり過ごせる島の記事はこちらです。

 

【ヤハラヅカサ】

住所:沖縄県南城市玉城字百名707

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »