|

ボリューミーな絶品焼き鳥。ぶらり栄町「二万八千石」

ボリューミーな絶品焼き鳥。ぶらり栄町「二万八千石」

さぁ久しぶりに栄町に繰り出しましたよ~!ボリューミーで絶品な焼き鳥が食べられると評判のお店「二万八千石」です。昔は少し怖くて行けなかった栄町も、最近では名店が増え観光客でも気軽に行けるようになりました。栄町周辺を散策していると「ホステス募集。20歳~88歳まで」なんて看板もあったり、とにかく楽しい栄町はおススメです。

 

【二万八千石の予約は18時半まで】

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

まだ明るい(笑)でも昼から飲んでいた訳ではありません。「二万八千石」は18時開店ですが、予約は18時半までというルールがあり、それ以外は予約はできず、飛込みになります。飛込みの時は人気店なので入れない事もしばしば。なのでこの日は18時に予約をして行った訳です。沖縄の18時はまだこんなに明るい(笑)

 

【泡盛も焼酎も種類が豊富】

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

店内入ってすぐの壁側には泡盛や焼酎がたくさん置かれていて、ちょいとウキウキ。私はカウンター席へ。

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

奥にはこじんまりとしたテーブル席も。

 

【絶品レバーは絶対に食べるべし】

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

ドリンクメニュー。泡盛は石垣島の請福だけではなく、色々な種類があるのでスタッフにご確認を。

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

「二万八千石」といえばレバーと言われるくらい有名。その他の焼き鳥もネタが大きくて美味しいと評判。

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

まずはポテトサラダ。ポテトとウィンナーはゴロっと。マヨネーズはあっさり。だけど味はしっかりと食べ応え抜群。添えられたクラッカーも嬉しいなぁ。

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

皮ごとホイル焼きにされた玉ねぎ。甘くてホクホク。お醤油に付けて食べます。

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

お待ちかねの「レバー」と「ささみ明太子」。ささみには生の明太子がたっぷりのっていて、明太子好きにはたまらんとです。そしてレバーは絶妙な焼き加減。でも身が引き締まっていてブリッブリ。鶏レバーってもっと柔らかいけど、歯ごたえがあってべらぼうにウマし!おかわりしちゃいました(笑)

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

「ミョウガ巻」と「うずらの卵巻」。焼き鳥はやっぱり少々の焦げ目がある方が絶対に美味しいですよね!焼きが甘く焦げ目のない焼き鳥が出てきたらちょいとガッカリ。「二万八千石」の焼き鳥は焼き加減が最高!

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

「やげん」と「焼き鳥」「豚みそサガリ」。豚みそサガリには辛子を付けて。も~ね、ウマすぎてペロリですよ。噂通りネタも大きいし味もイイ。ここは通っちゃいそうだな~



【店の隣は二万八千石別館あり】

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

「二万八千石」のお隣には「二万八千石別館」が。私がいる間にも予約なしのお客様が次から次へと来店し、本館は満席のため別館へと導かれていました。でもすぐに別館もいっぱいになっちゃったようですが。

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

ちなみに別館のメニューは本館でも注文でき、別館でも本館メニューが注文できるそう。唐揚げが人気メニューとの事なので注文すると、これがまたウマい!!ビールから泡盛にいき、唐揚げによってまたビールに逆戻りしました(笑)

栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

できれば予約をして行った方が確実です。なんせ人気店ですから。仕事柄色んな飲食店を訪れますが、料理は美味しいのに、なんでそんなにムスっとして愛想がないの~???という対応をするお店が多い中、「二万八千石」の大将はニコニコ笑顔で気さくに話しかけてくださり、とても楽しく美味しく至福な時を過ごすことができました。どれも本当に美味しいですが、レバーはかなりおススメです。

 

【炭火焼鳥二万八千石】

住所:那覇市字安里388 ☎098-885-6478 営業時間:月~土18:00~25:00/日18:00~24:00 定休日:水曜

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »