もっと沖縄が好きになる居酒屋「沖縄食堂じまんや」でつけもずくを!

もっと沖縄が好きになる居酒屋「沖縄食堂じまんや」では、温かい鶏だしにつけていただく「つけもずく」や、パイナップルを飼料として与えたパイナップルポークの専門店。絶品沖縄料理はもちろん泡盛の種類も豊富で、泡盛マイスターがたくさんいるお店としても有名です。

 

じまんやは築50年の古民家ダイニング

ゆいレール美栄橋より徒歩5分の場所にある築50年の古民家ダイニング「沖縄食堂じまんや」。創作沖縄料理と「パイナップルポーク」の専門店。店主もスタッフも泡盛マイスターで、レアな泡盛も多数取り揃えています。

10名まで対応可能の個室

1階カウンター席とテーブル席で、スタッフか気さくに話し相手になってくれるので、女性一人で来ても楽しめます。

30名まで対応可能の座敷席

2階には個室とお座敷席があり、お座敷席は30名まで対応可能。店内は居心地がよく、とても落ち着けるのはやはり築50年の古民家のなせる業なのかもしれません。

 

じまんやはパイナップルポーク専門店

「じまんや」はパイナップルを飼料として与えたパイナップルポークの専門店であり、県産の島野菜にもこだわっているお店。パイナップルポークはお肉がジューシーで柔らかく、脂の甘さがたまりません。写真は人気No.1の「史上最強のパイナップルポークのトンテキ」。あまりの美味しさにほっぺが落ちそうです。

そしてパイナップルポークのしゃぶしゃぶ。美しい豚肉!!

パイナップルポークの脂がスープに溶け、とっても美味しい味わいに!

こちらはパイナップルポークを乗せた温しゃぶサラダ。丁寧に根と芽を取り除いた真っ白なもやしも、さっと湯通しでシャキシャキに。特製のゆずポン酢でいただきますが、これまた美味い!!万能ねぎとゴマが効果的!!

じまんやのつけもずくは必食です!

じまんやを訪れたら必ず食べて欲しいのが「つけもずく」。「つけもずく」とはもずくをつけ麺のように温かいお出汁につけて食べるもの。沖縄県産のもずくは太く食べ応えがあり、絶品のつけダレは門外不出の秘伝の味!!これがまた泡盛にとても合う!!

じまんやのデザートはやんばるくいなパフェを!

沖縄が好きになる居酒屋「沖縄食堂じまんや」デザートのヤンバルクイナ

そしてデザートは「やんばるくいなパフェ」。料理長苦節2年!!渾身のデザート・・・らしいです(笑) 目玉はさとうきびアイス、くちばしはリンゴのベリー煮、羽は料理長お手製の飴細工♪器の中はチョコレートクリームで包んだ沖縄で一番おいしい『新垣カミ菓子店』のちんすこう。 まさに天然記念物級の美味しさです(笑)

もちろんチャンプルーや島らっきょう、島豆腐の厚揚げなどなど沖縄料理メニューも多数あり。何よ泡盛マイスターの資格をもつスタッフが、お客様の好みに応じた泡盛や料理に合う泡盛を紹介してくれるってのが嬉しいですよね!

『沖縄に行ったの?じゃあじまんやに行った?』と言われるくらい、沖縄通の間では有名なお店♪泡盛マイスターである店主の横井さんの泡盛に対する愛情は沖縄の海よりも深いです。まずは那覇に着いたらじまんやさんへGO!!きっと実家に帰ったような居心地のよさを味わえます。 但し、人気店のため必ず予約して行ってくださいね。

☆那覇で絶品ソーメンチャンプルーが食べられる店5選!の記事はコチラへ

 

沖縄食堂じまんや

住所:那覇市牧志2‐17‐46 ☎050-5890-9108 営業時間:17:30~25:00 定休日:年中無休

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

2017.11.15公開、2019.5.15更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »