|

名護・羽地の駅がパワーアップ!名物ニューハーフってナニ!?

名護・羽地の駅がパワーアップ!名物ニューハーフってナニ!?

名護市中心から国道58号線を北上、屋我地島から古宇利島へのルートを取っていくと、右手に気になる看板が見えてきます。「名物ニューハーフ」と書かれた横断幕。ここは、「羽地の駅」、さて、ニューハーフって何だろうと気になりますよね!

特産品が並ぶ羽地の駅

国道58号線沿いにこの大きな看板が見えてきます。

名護市の道の駅的な羽地の駅

 

どうやら道の駅のような場所です。

人気指名ナンバー1のニューハーフ羽地の駅

 

ピンクの「人気指名NO1 ニューハーフ」が目立ちます。気になるでしょう!!

 

羽地の駅特産物コーナー

中に入っていきましょう!「やんばるたまご」も特産品のようですね。

 

羽地の駅の野菜フルーツコーナー

地元で採れた野菜やフルーツ。産直なので安く買うことができますね。

羽地の駅なので花地の駅弁

羽地の駅だけにしっかり駅弁もありますよ。

羽地の駅には地元の泡盛も

沖縄の地酒は琉球泡盛。地元羽地には龍泉酒造が近くにあって、ココでも販売されています。飲みやすいシークヮーサーのリキュール酒やパワー全開にハブ酒も。

 

でも、ニューハーフはどこへ行った!

店の外に出てみると・・・

いよいよニューハーフ登場!

一番奥に「薬草天ぷら店 島の恵み」に「名物 ニューハーフ」の店がありました!

薬草天ぷら 羽地の駅・島の恵みの名物ニューハーフ

どうやらこれが「名物 ニューハーフ」。でも、何でニューハーフ?

 

ニューハーフは羽地の駅名物

 大きく書かれていました「魚のすり身」と「羽地鶏」が半分ずつ合体して「ニューハーフ」。つくねのようなものでした。漁港があり、ハイケイ(廃鶏)で名物になっている羽地鶏の羽地特産品の商品化です。

羽地の駅弁の隣にも並んでいますよ。

 

 

ニューハーフの天ぷら羽地の駅

天ぷらバージョンもありました。沖縄では天ぷらはおやつ代わりなので、何もつけずにそのままぱくりとやっちゃってください。

 沖縄のやぎ汁とやぎカレーのピージャー食堂

 

 

羽地の駅のピージャー食堂

沖縄の食文化の一つは「やぎ」。やぎ汁は臭みがある独特の味がします。おそらく好き嫌いは半分に分かれるのではないでしょうか。やぎカレーにすると、その臭みが消えてきますよ。でも私は・・・

羽地の駅にある我那覇そば

と、やぎ汁に行く前に同じ店舗内には「我那覇そば」もあるので、お好きなメニューで食事してください。

羽地の駅のレストラン

コレが店内。4月10日にオープンしたばかりです。

羽地の駅のやぎ汁

さー、いきましょうか。やぎ汁です。羽地の名物羽地鶏の卵焼きも付いて、フーチバ(よもぎ)をのせて1000円です。

個人的な感想は? うーん、山羊刺しならいけるけど・・・ ココが評価がわかれるところ。やぎ汁のトライするか、やぎカレーにするか、それとも沖縄そばですか?

 

生後2ヶ月のやぎ「チェルシーくん」を自分の軽トラに小屋ごと乗せて、一緒にドライブするこの店の代表、金城薫さん。やぎは沖縄の食文化だから、メニューにして味わってもらうけれど、やぎのエサやりややぎとのふれあいもできるようにして行きたいと語ります。やぎはかみつくことがないので、安心ですね。ちなみにチェルシーくんの名前は地元の子供達が名付け親です。

裏手の方にはやぎ小屋がありました。3列に並ぶやぎ小屋から、エサをくれると思ったのか、それとも歓迎してくれているのか、身を乗り出して迎えてくれます。

やぎの新鮮なミルクを飲ませてもらいました。濃厚で最高に美味しいですね。やぎの乳が張ってくるので、毎日絞ってチェルシーくんに飲ませていますが、人間もお裾分け。でも、残念ながら売り物ではありません。

やんばるに向かう58号線。古宇利島へも屋我地島経由で行くならこの羽地の駅前を通ります。

 

羽地の駅

住所:沖縄県名護市字真喜屋763番地1 電話:0980-58-2358

営業時間:9:00~19:00 年中無休

羽地の駅のホームページはこちらです。

 

文、取材:泡盛おじさん

2018年11月21日公開、2019年4月10日訪問の上更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »