|

名護・羽地の駅がパワーアップ!名物ニューハーフってナニ!?

名護・羽地の駅がパワーアップ!名物ニューハーフってナニ!?

名護市中心から国道58号線を北上、屋我地島から古宇利島へのルートを取っていくと、右手に気になる看板が見えてきます。「名物ニューハーフ」と書かれた横断幕。ここは、「羽地の駅」、さて、ニューハーフって何だろうと気になりますよね!

特産品が並ぶ羽地の駅

国道58号線沿いに北の方に走ると右側にこの大きな看板が見えてきます。

どうやら道の駅のような場所です。

羽地の駅

撮影:山入端学さん

 

ピンクの「人気指名NO1 ニューハーフ」が目立ちます。気になるでしょう!!

羽地の駅特産物コーナー

中に入っていきましょう!「やんばるたまご」も特産品のようですね。

食べ頃のやんばる産ゴールドバレルがたくさん並んでいます。産地で旬なときに手に入ると最高ですね。

地元で採れた野菜やフルーツ。産直なので安く買うことができますね。

羽地の駅なので花地の駅弁

羽地の駅だけにしっかり駅弁もありますよ。

羽地の駅には地元の泡盛も

沖縄の地酒は琉球泡盛。地元羽地には龍泉酒造が近くにあって、ココでも販売されています。飲みやすいシークヮーサーのリキュール酒やパワー全開にハブ酒も。

でも、ニューハーフはどこへ行った!

店の外に出てみると・・・

いよいよニューハーフ登場!

一番奥に「薬草天ぷら店 島の恵み」に「名物 ニューハーフ」の店がありました!

薬草天ぷら 羽地の駅・島の恵みの名物ニューハーフ

どうやらこれが「名物 ニューハーフ」。でも、何でニューハーフ?気になるので入ってみましょう!

 

ニューハーフは羽地の駅名物

 大きく書かれていました「魚のすり身」と「羽地鶏」が半分ずつ合体して「ニューハーフ」。つくねのようなものでした。漁港があり、ハイケイ(廃鶏)で名物になっている羽地鶏の羽地特産品の商品化です。

羽地の駅弁の隣にも並んでいますよ。

ニューハーフの天ぷら羽地の駅

天ぷらバージョンもありました。沖縄では天ぷらはおやつ代わりなので、何もつけずにそのままぱくりとやっちゃってください。もしくはウスターソースをかける方もいますね。

 

クワガタ虫だって売ってます!!

ニューハーフの羽地の駅くわがた

撮影:山入端学さん

世界自然遺産に登録されるほどの山林を控えるやんばるの入り口名護市。クワガタムシやカブトムシもたくさんとれます。

ニューハーフの羽地の駅くわがた

撮影:山入端学さん

出来ればつがいで買って、育てていきたいですね。

 

やんばるに向かう58号線。古宇利島へも屋我地島経由で行くならこの羽地の駅前を通ります。

羽地の駅

住所:沖縄県名護市字真喜屋763番地1 電話:0980-58-2358

営業時間:9:00~18:00 年中無休

羽地の駅のホームページはこちらです。

(Visited 2,364 times, 60 visits today)

徳島県徳島市出身 20代の頃は旅行会社勤務、やがて飲食業に転じ、居酒屋経営。泡盛との出会いから沖縄に通うようになる。沖縄愛は次第に深みにはまり、東京泡盛会を沖縄県酒造組合と開催したり、沖縄ファンクラブの役員をするなど、生活が沖縄化している。還暦を迎え、沖縄移住に向け計画進行中。趣味はまち歩き。

2018年11月21日公開、2019年4月10日更新、2021年7月27日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Instagram

Translate »