|

那覇市壺屋やちむん通りは、陶工が集まった復興の中心地

那覇市壺屋やちむん通りは、陶工が集まった復興の中心地

沖縄が戦争から復興していく中で、この那覇市壺屋やちむん通りは大きな役割を果たした場所。歴史を振り返りながら、この壺屋やちむん通りを歩きたい。ゆいレールを使って行くなら、安里駅からひめゆり通りを通って、6、7分。東側の方からはいって、公設市場や国際通りの方に抜けていくコースか、逆コースをとると牧志駅が便利。16の窯元兼販売所、22の陶器販売所の他、飲食店や焼物体験ができる店舗などが集中している場所です。赤瓦の屋敷や拝所、石畳を散策して、ご自分の好みの陶器を手に入れられてはいかがでしょうか。

【壺屋やちむん通りには著名な陶工の陶器が並ぶ】

沖縄県人初の人間国宝金城次郎氏らが、戦後焼け野原になったこの地から復興していきます。

陶器が並ぶ那覇市壺屋やちむん通り

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

 

その金城次郎氏の作品を販売している店がありました。金城敏雄氏は金城次郎氏の長男です。

那覇市壺屋やちむん通りの陶器店

平日はのどかな散策路ですね。石畳の上を歩いて、気が向いた店に入ってやちむんをじっくり見る。

時間はたっぷり欲しいところです。

那覇市壺屋やちむん通りには陶器店が並ぶ

やちむん通りに入りすぐに気になる美しいやちむんが。。。

那覇市壺屋やちむん通りに売られている骨壺

そう。これは沖縄の骨壷なんです。昔の沖縄は風葬・土葬でした。洗骨して骨壷に収めていたため大きな骨壷が必要たったんですね。今では火葬後のお骨を収めるようになったため、大きな骨壷の需要はすくなくなりました。ちなみに沖縄の方言で「みーとぅんだーカーミぬちびてぃち」意味は「夫婦になったらあの世まで添い遂げなさい」という諺があり、骨壷も夫婦二人用があるんです!ただ一人用や子供用もあるのがなんだか悲しい気持ちになりますね。。。普通のお土産屋さんではなかなかお目にかかれない骨壷です。

那覇市壺屋やちむん通りの2人用骨壺

 

【県文化財 南窯(ふぇーぬかま)】

荒焼(あらやち)を行う南窯(ふぇーぬかま)、上焼(じょうーやち)を行う東窯(あがりぬかま)があり、今も見学ができる南窯を見てみましょう!

那覇市壺屋やちむん通りにある登り窯南窯

現存する荒焼窯では最古のもの、長さ20M、幅3Mのかまぼこ型で、傾斜地に作られる登り窯である。中はトンネル状になっていて、上に行くほど余熱効果で早く焼き上がる。

那覇市壺屋やちむん通りにある登り窯南窯

平成8年まで窯に火が入り、実際に使われていた南窯は、県の文化財に指定されている琉球王府からの拝領窯である。

那覇市壺屋やちむん通り南窯は首里王府から送られたもの

荒焼とは、釉薬(うわぐすりのこと)をつけないで焼くことで、南蛮焼ともいわれ、酒甕、水甕、厨子甕など比較的大型のもの。上焼は、釉薬をつけて直接焼く、比較的小さな酒器、食器、茶器などが作られる。

【やちむん通りでひと休みも陶器の茶器で】

南窯のすぐ下に、「カフェ南窯」がある。やちむんらしく、陶器を使った茶器を使い、コーヒーやジュース、アイス、沖縄お菓子ちんぴん、ポーポーなどが楽しめる。店内には、壺やシーサーなどが飾られており、やちむん散歩の休憩に最高の場所でしょう。そのほかにも各所に、おしゃれなカフェがあるので、違う機会に紹介をしていきたい。

那覇市壺屋やちむん通りのカフェ南窯

【壺屋やちむんの歴史】

1682年、琉球王府が美里村(現沖縄市)の知花、首里の宝口、那覇の湧田の3つの窯を統合、壺屋焼がスタートした。2016年で334年になります。良質の土、水が豊富で、港も近く、最高の場所であった。琉球王府は、ここで陶工の育成、陶器産業の振興を進めていった。

1944年10月沖縄戦において、被害は受けたものの最小限に抑えられ、使える窯もあり、戦後、器を作るために城間康昌氏を中心とした103名の人たちが、壺屋を復興させていった。その中に後の人間国宝金城次郎氏がいた。壺屋を中心に役所、警察、配給所などができ、市場、映画館、劇場などができていく、まさに、沖縄の復興は、壺屋が起点になったということです。

壺屋焼物博物館で見られるとより詳しくわかって来ると思います。

那覇市壺屋やちむん通りの壺屋焼物博物館

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

【那覇市立壺屋焼物博物館】

住所:沖縄県那覇市壺屋1-9-32

電話: 098-862-3761

営業時間: 10:00〜18:00(入館17:30まで)

休み:月曜日(月曜日が祝日・GWにあたる場合は開館)、12/28〜1/4、資料整理に伴う臨時休館日

やちむん好き集まれ!壺屋やちむん通り祭り2018!の記事はコチラです

那覇市壺屋やちむん通りで見つけた路上の芸術!?の記事はコチラです

那覇市壺屋やちむん通りで見つけたオシャレな「ヤッチとムーン」の記事はコチラです

壺屋焼物博物館のホームページはこちらです。

やちむんの故郷 壺屋やちむん通り会のホームページです。

こちらに壺屋マップ、店舗紹介、歴史等、詳しく書かれています。

TOP写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー

 

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »