沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

沖縄鉄道開業150年記念切符ラリーin 与那原町

沖縄には、かつて鉄道が走っていたことをご存じですか?那覇から嘉手納・糸満・与那原の3方面に敷設された「軽便鉄道(けいびんてつどう)」という路線網です。現在、沖縄には鉄道はありませんが、鉄道開業150年を記念して、沖縄本島南部の与那原町エリアでは、記念切符ラリーが開催されます。軽便与那原駅舎展示資料館には、ネオパークオキナワからミニSLもやってくる!

鉄道開業150年記念イベント開催

鉄道開業150年記念切符ラリー 概要

■開催日:2022年10月14日(金)〜2023年1月31日(火)

軽便与那原駅舎展示資料館

■記念切符配布場所:軽便与那原駅舎展示資料館、がんじゅう駅・南城、南の駅やえせ、道の駅いとまんの4カ所
(先着500名)

◆YONABARU NAVIのサイトはコチラをご覧ください。

軽便(けいびん)鉄道とは?

大正〜昭和初期には南部の糸満から中部の嘉手納を結び物資を輸送する『軽便鉄道』が走っていました。本土で走る汽車より一回り小さな鉄道だったので、軽便 (ケービン) と呼ばれていたそうです。その後、1922年に嘉手納線、1923年に糸満線が開業します。

1914年、那覇―与那原間で営業を開始した当時、与那原駅舎は木造で、1931年に県営鉄道の駅としては初めて、鉄筋コンクリート造りに建て替えられました。

しかし沖縄戦の戦禍により破壊され、壁や柱の一部だけが無残な形で残され、鉄道も廃止されました。そして未だに沖縄に鉄道は走っていませんが、軽便鉄道の開通100周年を迎えた2014年に旧与那原駅舎は『軽便与那原駅舎・資料館』として復元されました。

◆軽便鉄道与那原駅舎資料館の詳細記事もぜひ読んでみてください

軽便鉄道与那原駅舎資料館前にミニSLが登場

出典:YONABARU NAVI

イベント開催中は、ネオパークオキナワからミニSLが軽便鉄道与那原駅舎資料館に展示されています。ミニSLを背景に記念撮影してみてはいかがでしょうか。

そして軽便与那原駅舎展示資料館、がんじゅう駅・南城、南の駅やえせ、道の駅いとまんの4カ所では、記念切符を配布しています。先着500名となっていますので鉄道ファンはお急ぎくださいね。

◆「南の駅やえせ」は勝利のV字ガジュマルがお出迎え!の記事はコチラです。

◆ 道の駅いとまん牡蠣・マグロなど新鮮な魚介を食べ歩き!の記事はコチラです。

◆軽便鉄道が走る名護の広大な動物園「ネオパークオキナワ」の記事はコチラです。

(Visited 60 times, 6 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011年に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで沖縄大好きを発信中!沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。レザーソムリエ。泡盛マイスター。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »