久米島くーみん号は夏期限定の島内観光バスで超便利!

★ホテルマニア マーコさんレポート  マーコ、今回もまた久米島を語ります。久米島って沖縄リピート読者の皆様にとってどんなイメージなんでしょう? はての浜以外の見どころは? 何があるの? 見ておくべきスポットは? いまいち情報の少ない島ですよね? 今回は久米島を効率よく周遊できる夏限定の島内観光バスくーみん号をご紹介します。

久米島は本当に素朴な島。大きさこそある程度ありますが、レンタカー会社も2社だけ。バスも町営バスのみ、となかなか交通手段には困りそう。夏のピークにはレンタカーが満車なことも。そんな夏の救世主が夏限定島内観光バスの「くーみん号」!

【くーみん号は夏の限定運行】

7月14日の連休から8月31日までの1日1便の限定運行。 久米島にたくさんのお客さんが来る時期に運行されます。

久米島の夏季限定バスくーみん号
※バスは人数によりかわります。 事前に乗車券が組み込まれてるツアーもありますし、空港やホテルで申し込むこともできます。

【くーみん号に乗るだけで久米島の観光地を周遊できます】

☆スケジュールがこちらです!
ホテルエリア出発
⇒空港経由(到着客をピックアップ)
⇒13:25「五枝の松」
⇒13:50「山里ゆんたく市場」にてお買い物
⇒14:25「ミーフガー」
⇒14:50「久米島の久米仙」工場
⇒15:15「比屋定バンタ」
⇒15:55「畳石」
⇒ホテルエリア経由
⇒空港へ(空港降車は夕刻)
※料金は、お一人様2,000円(大人子供同額) 

【国指定天然記念物「五枝の松」 】

高さ6m、幹の周りが4.3mもあるとても大きな松です。

久米島夏季限定くーみん号で五枝の松

緑豊かな場所で、自然と心癒されます

久米島の夏季限定バスくーみん号で五枝の松

【ミーフガー 】

子宝に恵まれない女性が拝むと御利益があるといういわれのある岩です。

久米島の夏季限定バスくーみん号で行くミーフガー

【久米島の久米仙の泡盛工場 】

工場の見学、試飲、お酒の購入ができます。
久米島の夏季限定バスくーみん号で行く久米島の久米仙
バスだから飲んでも大丈夫。

 

【比屋定バンタ 】

インスタ映えする久米島の絶景スポット

久米島の夏季限定バスくーみん号で行く比屋定バンタ

見下ろすとこんな絶景

久米島の夏季限定バスくーみん号で行く比屋定バンタ

【県指定天然記念物「畳石」 】

亀の甲羅のような岩が砂浜に広がります。

久米島の夏季限定バスくーみん号で行く畳石
溶岩が冷えて亀の甲羅のようにかたまった奇岩です。

【今年から初登場の訪問スポットが!】

くーみん号はもう数年続いていますが、これまではお買いものスポットがなかったんです。
せっかくなら
「久米島の地のモノが買いたい」
「お買い物・小休憩したい」
 の声にお応えして、 2018年から
久米島の人気スポット「山里ゆんたく市場」に立ち寄ります。
久米島の夏季限定バスくーみん号で行くゆんたく市場
地元の農家さんが自身で育てたお野菜がならんでいます。

久米島の夏季限定バスくーみん号で行くゆんたく市場

眺めも最高! さーたーあんだぎーなどおやつも売っています

【くーみん号は子供も楽しめる「お宝さがし」付の観光!】

くーみん号は単なる島内観光バスではありません。
各観光スポットで「謎解きのヒント」を探して、一つの言葉を組み立てます。
久米島の夏季限定バスくーみん号で謎解き
「え」
こんな風に各スポットにヒントが隠れています。

それを組み立て言葉を完成させると、久米島グッツをもらうことができます。
久米島の夏季限定バスくーみん号
ホテルや空港の観光案内所で引き換えましょう!

【交通手段としてのくーみん号】

島内観光バスとしても使えるくーみん号ですが、スケジュールを見ると空港にも行きと帰りに経由します。 と言うことは、空港に到着して足がなければ、観光してホテルエリアで下車すればタクシーで移動するより、観光もできて一石二鳥! 最終日に観光がてら空港に行って飛行機に乗るということもできます! 使い方しだいでとっても便利なくーみん号! 今年是非ご利用ください!

【久米島観光協会】

詳細は久米島観光協会のサイトで公開されます。

2018年この夏久米島への直行便がとっても便利に!の記事はこちらです。

酒人(さけんちゅ) マーコ

沖縄に通い続けて20余年、ついに総旅費は東京でマンションが買えるほどに・・ 過去は振り返らない!をモットーに、マクロな目線で沖縄レポ 得意分野はホテルと安居酒屋です!!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »