那覇で日本蕎麦が食べられるお店5選!

沖縄そばの店は数あれど、私が沖縄に移住してきたときには、数えるほどしかなかった日本蕎麦のお店。最近の沖縄は日本蕎麦のお店が増えています。沖縄そばも大好きだけど、たまに日本蕎麦も食べたくなりますね。沖縄で人気の日本蕎麦のお店を集めてみました。

那覇市久茂地・自家製麺 永當蕎麦

那覇市久茂地にオープンしたばかりの、立ち食い蕎麦のお店「自家製麺 永當蕎麦」。沖縄では珍しい立ち食い蕎麦スタイル。

券売機があるのは沖縄らしいですが、驚くべきはそのお値段!

かけそば(温)ももりそば(冷)が、1杯190円!!めちゃくちゃ安い!麺は自家製麺を使用。

店内は、変わった形のカウンターだけど、ロスなく立ち食いできる感じ。

190円のかけそばに、100円の温泉玉子をトッピングで290円。小さめサイズのカレーも250円。かけそばとカレーを食べても440円。安い!立ち食いだからサッと行ってサッと食べてサッと帰れるから、お客様の回転も速い!本土出身の私は、駅の立ち食い蕎麦を思い出しました。

自家製麺 永當蕎麦

住所:那覇市久茂地2-6-1 営業時間:10:00~22:00 日曜定休

浦添市港川・蕎麦と肴処 和ノ実

浦添市港川の閑静な住宅街に佇む一軒のオシャレな外人住宅。ココが「蕎麦と肴処 和ノ実」です。「和ノ実」という店名は、「和の食文化が実る」「人の和が実る」そんな場所になれるようにと、願いを込めて名付けたそう。

昼のメニューは冷たい蕎麦と温かいお蕎麦。蕎麦アレルギーの方にも配慮し、うどんもあります。一番人気は、ざる蕎麦もしくはかけ蕎麦と、かき揚げと炊き込みご飯、小鉢がセットになっている「和ノ実セット」1300円。

最近、和ノ実の裏に「和ノ実別邸」が増築され、落ち着いた雰囲気の素敵な個室です。

「和ノ実」で取り扱う蕎麦は、北海道上川町産。上川町は石狩川の最上流にあり、夏の昼間の暑さと、夜の冷え込みの寒暖差で、甘みと旨味がよくのった太った蕎麦の実が採れるそうです。沖縄県産野菜を使い、ゴロっとしたかき揚げは彩も美しく、薄衣なのでサクサクホクホクです♪夜は長崎県は五島列島より直送の鮮魚を使った料理や、絶品鴨鍋などもあります。最後にはそば湯もあり。

日本酒や泡盛も多数取り揃えられていて、夜の部では鍋料理や鮮魚の刺し盛なども味わえます。

★蕎麦と肴処 和ノ実の公式サイトはこちらです。

★浦添市の「蕎麦と肴処 和ノ実」で、蕎麦前を楽しもう!の記事はコチラです。

★浦添市の外人住宅で絶品日本そばランチ「蕎麦と肴処 和ノ実」の詳細はコチラです。

蕎麦と肴処 和ノ実

住所: 浦添市港川330-5 ☎098-943-7712 営業時間:昼 11:30〜14:30(LO14:00)夜 17:30〜22:00(LO21:30)定休日:水曜日

那覇市辻・名代蕎麦処 美濃作

以前は、那覇市久茂地にあった言わずと知れた老舗の蕎麦店「名代蕎麦処 美濃作」。後継者が不在のため、沖縄でステーキハウスを運営する「ステーキハウス88」が継承し、那覇市辻に移転オープン。美濃作の看板は変わらず、従業員も引き継がれたそうです。

「名代蕎麦処 美濃作」といえばやはり「月桃蕎麦」。

「月桃そば」とは、沖縄に生息する南国の植物「月桃」を粉にして、麺に練りこんだコシのある風味豊かなお蕎麦のこと。美しい緑色の麺でコシもしっかりとしていて、香りがとてもイイ!!天ぷらは沖縄ならではの紅芋や海老・茄子などを使い、衣はやや厚めですがサクサクしていて絶品です。最後にはそば湯もあり。

そして「名代蕎麦処 美濃作」は、メニューがとにかく多い!そば、うどんの他、トッピング、おかず単品、丼物、ご飯物単品、一品物などなど、それも美味しいですよ!

名代蕎麦処 美濃作(みのさく)

住所:那覇市辻2-8-21 ☎098-861-7383 営業時間:11:00~15:00/17:00~22:00 定休日:水曜日



那覇市牧志・そば 寶(たから)

国際通りの国際通りのれん街(旧三越)とマクドナルドのビルの間の道を入り少し歩くと、左手に緑色の看板と幟(のぼり)が見えてきます。そこが「そば 寶(たから)」。ドアを開け、螺旋階段を上ると店内です。

外に掲載されているランチメニュー。少々色褪せていますが、ランチタイムにはお得なメニューがあります!しかも「蕎麦 寶」のランチタイムは11:30~18:00まで。18:00からは、夜メニューに変わります。ですが現在は、新型コロナウィルス感染防止のため、当面の間の営業時間は11:30~15:00に変更されています。

こちらは蕎麦と天ぷらがセットになったBランチ(850円)北海道産のそば粉8割、つなぎの小麦粉2割で毎朝打つ「二八そば」を提供し、シコシコと強いコシと喉ごし、そして香りがとてもイイ!鰹の出汁がきいてる蕎麦つゆが蕎麦によく絡みます。沖縄県産の野菜を使ったサクサクの天麩羅は、薄衣でサクサク。ランチには野菜天のみのはずが、この日は海老天も付いていました。ラッキー!最後にはそば湯もあり。

そば 寶(たから)

住所:那覇市牧志2丁目2−20 NCビル2階 ☎098-869-5388  営業時間:11:30~20:00(現在は11:30~15:00のランチタイムのみ営業)

那覇市牧志・十勝そば 山楽

那覇市桜坂のホテルハイアットリージェンシー那覇の目の前にあるのが、「十割そば 山楽」。コチラのお店はハイアットリージェンシー那覇の姉妹店。店外も店内もオシャレ!

出典:十割そば山楽

「十割そば 山楽」のこだわりのそば粉は、蕎麦の名産地である北海道の「カムイ」を使用。石臼挽きでゆっくりと製粉されたそば粉を使った、香り高く瑞々しい本格十割そばです!

こちらはせいろの並盛(800円)。十割そばは、どうしてもぼそぼそしがちなイメージですが、山楽の自家製十割そばは、ぼそぼそのイメージを覆す、つるつるでもちもちの蕎麦でした!最後にそばも湯あり。夜の部では、お酒に合うおつまみ単品メニューを全品500円で提供。

★十割そば 山楽の公式サイトはこちらです。

十割そば 山楽

住所:那覇市牧志3丁目6-34 ☎098-987-6033  年中無休

(Visited 1,247 times, 214 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

2018.11.1公開 2020.11.11更新
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »