|

こいのぼりならぬカツオのぼり!「もとぶこどもまつり」開催

こいのぼりならぬカツオのぼり!「もとぶこどもまつり」開催

5月5日は「こどもの日」。日本各地でも「こどもの日」のイベントが開催され、こいのぼりが空に泳ぐ光景があちこちで見られまることでしょう。が、しかし、沖縄県国頭郡にある本部町では、こいのぼりではなく「カツオのぼり」が空に泳ぐんです(笑)というのも、本部町の特産品が「カツオ」だからなんです!そんな本部町では5月5日(土)・6日(日)の両日、本部町産業支援センター「アジマー」で「もとぶこどもまつり」が開催されます。

 

【第6回もとぶこどもまつり】

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

★もとぶこどもまつり(旧もとぶカツオのぼりまつり)★ 【開催日】2018年 5月5日(土)13:00〜20:00/6日(日) 14:00〜20:00
【開催場所】本部町産業支援センター駐車場(かりゆし市場前) 本部町字大浜881-1 【お問合せ】☎0980-47-2749(本部町商工会 事務局)



【本部町の特産品カツオ】

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

看板にもカツオのイラストが。本部町のカツオ漁は明治時代に始まり、当時から「本部の名物はカツオ料理」として県下に誇っていました。本部の渡久地港では現在でもカツオ漁の港として知られており、水揚げの時季になると新鮮なカツオを求める人々で賑わいます。鰹といえばタタキが有名ですが、本部町ならではのカツオの食し方は「カツオの味噌和え」。新鮮なカツオを酢味噌で手早く和え、水分が出ないうちにキュウリなどの野菜と一緒に食べるんです。これがまた美味い!水揚げされたカツオはさしみ以外にも様々な加工品になり、本部の特産品として人気を集めています。

 

【そして空を泳ぐカツオのぼり】

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

これが「カツオのぼり」です。GW前に本部町を訪れるとあちこちで見る事ができます。

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

海辺には手作り感満載の「カツオのオブジェ」や・・・

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

商店街にもオブジェ?かと思いきや・・・

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

「かつおのベンチ」でした(笑)

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

近くで見ると2mくらい。結構デカいです!

「もとぶこどもまつり」では、本部町の特産品でもあるアセローラを使った「こどもアセローラフローズン早飲み大会」や「わんこもずく早食い大会」、「オリオンビール早飲み大会」などなど、大人もこどもも楽しめるイベントです。ぜひGWには「もとぶこどもまつり」に行ってみてくださいね~

 

【もとぶこどもまつり】

住所:沖縄県国頭郡本部町字大浜881-1 お問合せ先:☎0980-47-2749(本部町商工会 事務局)

 

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »