沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

沖縄・本部町渡久地で4年ぶりに60匹のカツオのぼりが泳ぐ!

日本各地では5月5日「こどもの日」に、こいのぼりが空に泳ぐ光景が見られますが、沖縄本島北部の本部町では、こいのぼりではなくカツオのぼりが空に泳ぎます!とにかくカツオだらけの本部町です。2023年の「もとぶこどもまつり」の開催はありませんが、渡久地プロムナードで4年ぶりにカツオのぼり掲揚式が行われました!

もとぶこどもまつり2023は開催予定なし

こいのぼりならぬカツオのぼり!「もとぶこどもまつり」in本部町

2023年の「もとぶこどもまつり」は開催予定なし。

毎年5月5日の子供の日前後に開催されていた「もとぶこどもまつり」。コロナ渦以降、残念ながら開催はされておらず、2023年の開催もないようです。

が、しかーし!2023年4月28日(金)に沖縄本島北部の本部町渡久地プロムナードで、4年ぶりにカツオのぼり掲揚式が行われました!

カツオのぼりは本部の5月の風物詩として親しまれており、GWにカツオのぼりを楽しみに見にくる観光客も多いんだとか。そして毎年この時期の本部町では、美味しいカツオが食べられるので、ぜひたくさんの方に本部町のカツオを食べて頂きたいです。

カツオはもとぶ町の特産品!

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

看板にもカツオのイラストが書かれている通り、本部町の特産品はカツオ。本部町のカツオ漁は明治時代に始まり、当時から「本部の名物はカツオ料理」として県下に誇っていました。本部町のカツオ漁の特徴としては、一本釣りで日帰り操業なので鮮度抜群のカツオが水揚されます。

カツオのぼりの町はカツオが美味い!本部町

本部町の渡久地港では現在でもカツオ漁の港として知られており、水揚げの時季になると新鮮なカツオを求める人々で賑わいます。鰹といえばタタキが有名ですが、本部町ならではのカツオの食し方は「カツオの味噌和え」。新鮮なカツオを酢味噌で手早く和え、水分が出ないうちにキュウリなどの野菜と一緒に食べます。これがまた美味い!水揚げされたカツオはさしみ以外にも様々な加工品になり、本部町の特産品として人気を集めています。



本部町では、こいのぼりではなく「カツオのぼり」が泳ぐ!

こいのぼりならぬカツオのぼり!「もとぶこどもまつり」in本部町

これが「カツオのぼり」です。こいのぼりではありません。GW前後に本部町を訪れるとあちこちで見る事ができます。

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりのこどもまつり

海辺には手作り感満載の「カツオのオブジェ」がありますよ!どうやら廃船を利用して作られているようです!

商店街にもカツオのオブジェ?かと思いきや・・・

裏側は「かつおのベンチ」になってました(笑)

美ら海水族館のある本部町カツオのぼりが泳ぐ

カツオのぼりは近くで見ると2mくらい。結構デカいです!

そして本部町のマンホールにもカツオが!!ぜひ見つけてください!

今年の「もとぶこどもまつり」は中止となりましたが、来年は無事に開催されるといいですね!

渡久地プロムナード

住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地142

(Visited 3,656 times, 16 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011年に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで沖縄大好きを発信中!沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。レザーソムリエ。泡盛マイスター。

2019.4.3公開、2020.5.1更新、2023.4.30更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »