|

沖縄の闘牛じゃなくて闘ヤギ?!第15回勝山シークヮーサー花香り祭

沖縄の闘牛じゃなくて闘ヤギ?!第15回勝山シークヮーサー花香り祭

2019年3月9日(土)と10日(日)に名護市勝山で開催される、「第15回勝山シークヮーサー花香り祭」を紹介しましょう。私も初めて知りましたが、沖縄には闘牛ならぬ「闘ヤギ」もあるんだと!花香り祭ではこの「闘ヤギ」も楽しむ事ができるらしい。

 

名護市勝山シークワーサー花香り祭の紹介

今回で15回目を迎える「勝山シークヮーサー花香り祭」。まずこのお祭りでは、本格的な5時間のトレッキングコースから初心者でも気軽に参加できる1時間の散策コースなどが楽しめる「新緑登山コース」体験や、闘牛ならぬ闘ヤギの「ヒージャーオーラセー」(11日のみ)を楽しむことができるイベント。他にも有料ではありますが、シークヮーサーの木で作る「マイ箸作り体験」や、石敢當・表札作りなど、沖縄好きのハートを鷲掴みするブースも用意されており、飲食ブースでは山羊汁や豚汁などが堪能できるんです!

沖縄ならではのステージプログラムも開催。民謡ショーや空手演武、カラオケ大会などが楽しめるほか、500円の抽選券を購入すれば、山羊が当たる抽選会もあるそうな(笑)運がよければ2頭当たります(笑)抽選にハズレても山羊の即売会もあるのでご安心を!

【開催日時】
2019年3月9日 (土)~3月10日 (日)

【開催場所】
名護市勝山公民館併設農村公園(沖縄県名護市勝山467)

【問い合わせ】
0980-53-8336

 

ヒージャーオーラセーとは?

そして気になるのが「ヒージャーオーラセー」。ヒージャーとは沖縄の方言でヤギのことで、オーラセーとは喧嘩のこと。なのでヒージャーオーラセーとは、角のある雄ヤギが頭と頭をぶつけて戦う「ヒージャーオーラセー=ヤギの決闘」の事なんです!勝山のヒージャーオーラセーが歴史的に一番古いんですって♪

前足を上げて頭突きを入れたり、角で相手を押さえ込んだり。審判が危険だと判断すると山羊の間に入ってレフリーストップもあるそう(驚)また試合中にヤギの闘争心がなくなると、平和的に試合終了(笑)平和的にってのがなんだかほんわかするなぁ~

ヒージャーオーラセの動画を観ましたが、闘牛に負けず劣らずとても迫力ある決闘でした!しかしヤギの抽選で当たったらどうしよう(笑)

 

名護・勝山はシークワーサーの里

名護市勝山はシークヮーサーの産地として有名な地域です。

シークヮーサーの花ってこんなに可愛いんですよ♪シークヮーサーの時期になると、辺り一面に漂う柑橘系のさわやかな甘い香りが楽しめます!

お祭りではシークヮーサーの購入はもちろん、シークヮーサージュースの飲み比べもできるんですって。ちなみに・・・シークヮーサーは泡盛にもビールにも合うんです。ぜひ試してみてね♪

★一昨年の花香り祭ヒージャーオーラセーの動画付きはこちらです。

 

【勝山シークヮーサー花香り祭】

開催場所:名護市勝山公民館併設農村公園(沖縄県名護市勝山467)
お問合せ先:勝山公民館:TEL 0980-53-8336 又は(有)勝山シークヮーサー:TEL 0980-53-8686

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

 

 

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »