【10月の沖縄観光】気温・服装・イベント情報

10月の沖縄の海はまだまだ暖かく、真夏に比べて観光客も少なくなっているので、狙い目かもしれません。沖縄以外の場所では、10月の海は水温が下がってしまうため「泳ぎたい!」という気にはなれませんが、沖縄はまだまだ大丈夫。10月はちょうど日差しが和らいでくる時期なので、海にいても暑さがつらいと感じることが少なくなります。ただし天気の悪い日は肌寒く感じるので、防寒対策も施すようにしましょう。

10月の沖縄は?

沖縄の観光シーズンは、夏休みのある7月8月、そしてシルバーウィークのある9月ですが、その時期は台風のリスクがあり、価格も高いのでオススメは10月です。気温も真夏に比べると和らいでくるので、日中の観光もしやすくなります。

ですが、10月もまだまだ台風シーズンなのは変わりありません。ツアーの場合はキャンセルになっても払い戻しがありますが、個人手配だとキャンセル料がかかる場合があるので注意が必要です。なにより楽しみにしていた旅行がキャンセルになるのはかなりショックです。台風を現地で体験するのもいい経験ですが、予定日に帰れなくなることも考え行動しましょう。

10月の沖縄の気候とおススメの服装

10月に入ると30℃を超える日も少なくなり、比較的過ごしやすい日々が続きます。平均気温が25℃前後なので、基本的には夏服でOK!ただ朝晩は20℃程度まで下がる日もあるので、特に夜のイベントやナイトマーケットに出かける際は、長袖のカーディガンなども持参すると良いでしょう。日中は本州に比べるとまだまだ暑く、紫外線も強いので、UV対策は怠らないようにしましょう。

台風も9月に比べると接近数は少なくなりますが、ここ数年の異常気象により直撃する可能性も捨てきれませんので、天気予報をマメにチェックし、予定を臨機応変に変更できるようにしましょう。

10月の沖縄の旬は?

10月の沖縄の旬なものは、切り口が星形に見える事から『スターフルーツ(別名:ゴレンシ)』と呼ばれている、南国ならではのフルーツです。未熟時の緑色の時は酸味があり、熟してくると黄色になり甘み食感があるのでそのまま食べられます。低カロリーでビタミンCを含んだ健康果実で、サクサクとした食感が楽しめます。

そして10月中旬から下旬にかけて咲く『トックリキワタ』の花。遠くから見ると桜の様なピンク色の花が咲きますが、近づいて見ると桜の花よりも大きな花を咲かせます。幹が徳利状に大きくなるのと、果実の中に綿毛を有することからこの名がつきました。花が終わると実ができて、実が熟すとひび割れ実の中に詰まっている綿が飛び出します。トックリキワタを街路樹に植えている通りでは、綿の時期になると綿が飛びまくり、雪のようにも見えます。

★オシャレな那覇カフェ『トックリキワタ珈琲店』の記事はコチラ

10月の沖縄のアクティビティは?

10月の沖縄では、海水浴やマリンスポーツもまだまだ楽しめます!気温は25℃前後、水温は26〜29℃ほどです。気温よりも水温が高い時期なので、気持ちよく感じるはず。ただし天気の悪い日は肌寒く感じるので、防寒対策も施すようにしましょう。また海から上がったときに寒さを感じるかもしれないので、すぐに羽織れるものなどを準備すると良いでしょう。

夏の観光シーズンが終わり混雑していない時期なので、シュノーケリングものんびり楽しめます。日差しも和らいでくるので、海風を感じながら、カヤッククルージングもおススメです。小さなお子様連れには、海上アスレチックもおススメです。

★「青の洞窟」に真栄田岬から入る陸エントリー編の記事はコチラです。

★大人も大はしゃぎ!海上アスレチックのあるホテル・ビーチ5選!の記事はコチラです。

★ 那覇から近い!お勧めシュノーケリングスポット5選の記事はコチラです。

★那覇発【水中速報】ケラマブルーの海をダイビング!旅行者必見!の記事はコチラです。

10月の沖縄のイベントは?

10月のイベントといえば、沖縄三大祭りのひとつ「那覇大綱曳まつり」です。例年3日間に渡り、那覇の国際通りを中心にさまざまなイベントが行われます。初日は伝統芸能のパレード、2日目はメインイベントである大綱挽。国際通りでは旗頭行列が練り歩き、国道58号線ではギネス認定も受けたほどの大きさを誇る約200mの大綱を引きあいます。年齢、性別、国籍関係なくおよそ1万5千人による綱引きは圧巻。観光客も参加できるのでぜひ!

※2020年の「那覇大綱挽まつり」は、コロナウィルスの影響で中止となりました。

★那覇大綱挽まつりの記事はコチラです。

そしてこちらも大人気の「沖縄の産業まつり」です。その名の通り沖縄の産業が集結し、市町村の特産物、工芸品、琉球楽器、焼物、泡盛など様々な産品が出品され、大勢の人で賑わいます。その他にも音楽、民謡ライブ、エイサー演舞など盛りだくさん!もちろん美味しいものもいっぱいです。

※2020年の「那覇産業まつり」は、コロナウィルスの影響で中止となりました。

★産業まつりの記事はコチラです。

10月の沖縄ツアーの目安

人気のシーズンもピークを過ぎ、10月に入るとさらに旅費が下がります。3日間のツアーで5~6万円程度。月末に近づくとさらに下がることもあります。2020年の10月は祝日による連休もないため、月を通して価格も安定傾向。旅行会社や航空会社の秋のセールや早割を利用すれば、さらにお得になることも。気候も良く価格も割安なため、1年を通して狙い目の月でもあります。

10月は台風が少なくなるとはいえ、まだまだ台風シーズンなのは変わりありません。ツアーの場合はキャンセルになっても払い戻しがありますが、個人手配だとキャンセル料がかかる場合があるので注意が必要です。

参考:JALダイナミックパッケージツアー(最安値)

※ツアー料金は常時変動しますので御了承ください。2泊3日2名1室羽田発那覇行きで料金調査

10/12~22・26~30 平日週末問わず34,400円が最安値。この時期はホテルの選択肢も増えるし、レンタカーがついて同料金なんて当たり前にあります。

10/10・23・24 36,500円。

10/2・3・6・7・9・11 38,600円。 週末価格。

10/25 37,100円。

10/31 43,000円。飛び石連休にかかる料金UP。

10月は本土からの観光ならばまだ海水浴が可能です。季節的に暑すぎず、料金的にも下がってくるので、沖縄観光にはもってこいの時期です。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »