|

【1月の沖縄観光】気温・服装・イベント情報

【1月の沖縄観光】気温・服装・イベント情報

沖縄の1月の平均気温は約17度で、本土の春の気温と同じくらい。ですが沖縄の場合は、強い風が体感温度を下げるので、春のような陽気というイメージで訪れると、思わぬ寒さに震えることになります。そして1月の沖縄では、日本一早いお花見ができるのも有名。荒天は少ないので、天気の心配をせずに観光を楽しめるのもポイントです。

1月の沖縄は?

1月の沖縄の平均気温は17℃前後。17℃前後と聞くと本土の春くらいでポカポカ暖かいというイメージですが、その感覚で薄着で沖縄に来ると、思いのほか寒いと感じます。沖縄は海に囲まれているため風の強さにより体感温度がグッと下がります。厚手のジャケットや暖かいインナーを準備した方が良いでしょう。降水量は少なめの時期なので、傘のお世話になることなく観光を楽しめる可能性は高いものの、海水の温度は21℃程度なので、海水浴にはまだ早く、スキューバーダイビングでも海から上がった後には、かなりの寒さを感じます。

1月の沖縄の気候とおススメの服装

南国と言えども1月の沖縄は真冬。寒さへの耐久力には個人差はありますが、沖縄の海風が体感温度を下げるため、ある程度の防寒は必要でしょう。日中や暖房のきいた場所で脱ぎ着できるカーディガンや薄手のダウンなどが便利です。風への対策としてコートやマフラー・ショールを用意するのもおススメです。最近のダウンは薄手で軽いのに暖かく、使わない時はコンパクトに収納できるので、旅行にはかなりおススメです。靴下もお忘れなく。思いのほか寒い冬の沖縄旅行で風をひかないよう、くれぐれもお気を付けて。

1月の沖縄の旬は?

1月の沖縄といえばやはり「寒緋桜(カンヒザクラ)」ですよね。日本一早いお花見ができる、さくら祭りも各地で開催されます。沖縄は不思議と北から南へ、山頂から麓へと桜が開花していきます。一番最初は本部八重岳山頂からの開花、那覇市内は2月中旬から下旬にかけてが桜祭りとなっていきます。日本一早い桜のお花見と祭のイベントを楽しみましょう!

タンカンは高温を好む亜熱帯性の柑橘(かんきつ)類で、沖縄では1月から収穫時期となる冬の代表的な果物です。タンカンは、ポンカンとネーブルオレンジの自然交配によって誕生したといわれています。温州ミカンと比べると見た目は悪いものの、特徴としては、酸味が少なく、タンカン独特の濃厚な甘さがあり、そのまま食べる以外にも、ジャムやジュース、ドレッシングにしてもおいしくいただくことができます。ジャムやドレッシングなどタンカンを使用した商品は、道の駅などで購入できます。タンカンを購入する際、表面がきめ細かくハリがあり、しっかり引き締まっているものを選びましょう。北部の本部町(もとぶちょう)では、観光客や地元の人によるタンカン狩りが盛んに行われているので、体験してみるのもいいでしょう。

1月の沖縄のアクティビティは?

1月の沖縄は、雨量も少なく快適に過ごすことができるでしょう。しかし南国といえども真冬の季節なので、海水浴やシュノーケルなどのマリンアクティビティは難しいですが、カヤックやカヌーなどのマリンアクティビティは楽しめます。どうしても泳ぎたいという方は、屋内の温水プールがあるホテルもあるので、ゆっくりと楽しむのもいいかもしれません。

そして冬の沖縄の星空は最高に綺麗!那覇の中心地では街が明るすぎてあまり見えませんが、本島北部や離島に行くと、満天の星空を見る事ができます。沖縄の星空をバックに写真を撮ってくれる写真館もあるので、沖縄の想い出の一枚としていかがでしょうか?

そして冬の沖縄を満喫するアクティビティの一つに「ホエールウォッチング」があります。12月~3月下旬くらいの期間限定で、シベリア海域に生息しているザトウクジラは、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海にやってきます。冬の沖縄でしか楽しめないアクティビティなので、ぜひ体験してみて下さい。

★クジラを見るなら沖縄!ホエールウォッチングは遭遇率98%!の記事は、コチラをご覧ください。

★絶景パワースポット「大石林山」でトレッキングの記事は、コチラをご覧ください。

★海中道路エリアで楽しむSUP・カヤック・パラグライダー!!の記事は、コチラをご覧ください。

★やんばるの深い森をトレッキングの記事は、コチラをご覧ください。

★那覇のホテルでプールが南国気分で楽しめるホテル7選の記事は、コチラをご覧ください。

★沖縄満天の星空写真「島宙記念寫眞」はいかが?の記事は、コチラをご覧ください。

★「星空保護区」認定の石垣島はなぜ星がよく見えるのか?の記事は、コチラをご覧ください。

1月の沖縄のイベントは?

沖縄の桜の開花は日本一早く、1月の下旬ごろに開花します。そのためこの時期には県内各地で桜まつりが開催されます。中でも早く観賞できるのが「もとぶ八重岳桜まつり」。八重岳の沿道に続く7000本のカンヒザクラの花道は圧巻。濃いピンク色が特徴の寒緋桜は、本州で見る薄いピンクや白い桜とはまた違った趣があり、沖縄の青い空とのコントラストが楽しめます。今帰仁城では夜にライトアップがあり、石垣を背景に咲く昼と夜とでまったく印象の違う桜の姿を見ることができます。

★沖縄の桜は1月下旬から咲き始める「名護さくら祭り2020」の記事は、コチラをご覧ください。

★沖縄の桜は日本一早い!2020年沖縄桜まつり5選の記事は、コチラをご覧ください。

★さくらまつりは那覇でも開催!沖縄の桜にまつわる謎とは?の記事は、コチラをご覧ください。

★ 那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51の記事は、コチラをご覧ください。

11月下旬くらいからは、沖縄本島各地でクリスマスイルミネーションを見かけるようになります。11月下旬から場所によっては3月くらいまでイルミネーションが楽しめる場所がありますので、ぜひ行ってみて下さい。

★沖縄ではクリスマスから春までイルミネーションがすごい!!の記事は、コチラをご覧ください。

※開催予定のイベントが延期、中止になっている場合があります。おでかけの際は、事前にご確認ください。

1月の沖縄ツアーの目安

1月初旬、特に三が日までは、年末年始の高め価格になりますが、お正月休みと冬休みが終わると、一気に旅費が下がります。オフシーズンだからこそ、高級リゾートにお得に泊まって優雅にリラックスするのも良いでしょう。

参考:JALダイナミックパッケージツアー(最安値)

※ツアー料金は常時変動しますので御了承ください。2泊3日2名1室羽田発那覇行きで料金調査

正月料金 1/1 69400円、1/2 51200円、1/3 40500円

連休料金 1/8 28500円、1/9 32300円、1/10 27600円

1/11以降の平日出発 26200円、金曜出発 27300円、土曜出発 27100円

正月は別として、全体に年間を通して最安値の時期です。朝食付き、レンタカー付きでも同料金なんてツアーも沢山あります。

沖縄大好き ケコ

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »