レンタカーなしで沖縄観光!乗り物は何が便利か?

沖縄をレンタカーなしで観光する便利な乗り物は?沖縄にはゆいレール以外の電車がありません。多くの人がレンタカーを使いますが、レンタカーなしで移動したい人もいますね。免許がない人、長距離運転に不安な人など、そして、ビーチパーティや酒造所見学とお酒がからむと運転したくないですよね。さらに、ピーク時はレンタカー会社が混雑して待ち時間が多いし、レンタカーなしで沖縄をどう回るか調べてみました。

バス

時間が不規則で困る、遅れてくるなどの意見をよく聞きますが、今時のバスは位置情報がわかるので、ギリギリまで楽しんで、次に移動など、レンタカーなしでもかなり便利な乗り物です。

 

沖縄エアポートシャトル(恩納村、名護、本部乗り放題・3日間3900円・1時間に1本)

2018年5月にこのバスが運行されてすぐ、沖縄repeat編集部は、名護のオリオンビールや津嘉山酒造などの取材に使いました。2019年になって、さらにパワーアップしたので、シャラトン沖縄サンマリーナリゾートのジップラインやハレクラニ沖縄、名護市役所などの取材に便利に使っています。

実はwifiも使えるので、移動中に記事の整理をしたりして、時間を有効に使えるメリットが大きい。あっ、寝ている時間も。

この沖縄エアポートシャトルの最大のメリットは、「恩納村、名護市、本部町乗り放題」「3日間3900円、5日間4900円」「約1時間に1本」でしょう。

単純に那覇空港/那覇市内から美ら海水族館へ移動するだけでも2回券を使うと3200円(片道1600円)で利用できるので、かなりお得。片道だけだと那覇~美ら海水族館で2000円。

沖縄本島北部の観光地、ホテルを網羅しているため、レンタカーなしでも本島北部内の移動が簡単にしかも安く利用できるメリットが大きい。また、9月1日までは本部町のハナサキマルシェから古宇利島まで無料のシャトルバスが運行されていて、美ら海水族館と古宇利島の両方を楽しむことができます。

沖縄自動車道を経由して、名護市役所、本部町の美ら海水族館へ向かうコースと、石川ICで高速を降りておんなの駅、ANAのCMロケ地になったシェラトン沖縄サンマリーナリゾートのジップライン、万座毛、ハレクラニ沖縄などを経由して、本部町に向かうルートがあります。この乗り放題パスを使用すれば、どちらのコースも乗り放題になります。レンタカーなしでも困りません。

体験レポート付・沖縄の移動手段、レンタカーなしで自由自在!の記事はコチラです。

北部観光に便利な乗り放題バス沖縄エアポートシャトルの公式サイトはコチラです!

 

やんばる急行(酒造所巡り、今帰仁、古宇利島に便利)

やんばる急行は那覇空港と名護、本部、終着地は伊是名島、伊平屋島航路の運天港です。下り12便(内2便が名護市役所まで)、上り13便(内3便が名護市役所前早朝発、1便は夏休みだけの臨時便)。基本は予約なしで乗車できます。

このバスのメリットは名護市内に入ったすぐの「世冨慶(よふけ)」で無料シャトルバスに乗り換えて古宇利島の方まで行かれます。シャトルバスはバス停がないので、コース上で手を上げて止めてください。

無料シャトルバスをうまく使うと、オリオンビールや津嘉山酒造、羽地の仲尾次で降りるとハイケイや刺身、龍泉酒造があり、古宇利島の島内を1周まわり、トケイ浜やハートロックに行くことも出来ます。やんばる急行に乗ることが条件ですが、3日間使うことができるので、名護市内に宿泊して利用するのも便利ですね。1日3便×2(上り下り)なので計画的に使いましょう。

終着バス停の運天港から伊是名島、伊平屋島に渡り、それぞれの酒造所、今帰仁村役場から400mくらいの今帰仁酒造、本部町立博物館前からタクシーを使って山川酒造、道の駅許田からヘリオス酒造とこの路線で、ほぼ北部の酒造所巡りが可能。酒好きにはたまらないかも。

料金は、那覇~美ら海水族館で2000円。回数券は10枚で15%OFF、50枚で20%OFF。距離に応じての料金設定がされているので、乗り放題ではないですが、あらかじめ時間を決めてうまく使うと便利なバスです。

やんばる急行バスの公式サイトはコチラです!

 

高速バス(沖縄自動車道を使う路線バス)

高速バスは、那覇空港から旭橋の那覇バスターミナルを経由して、那覇ICから名護の許田ICまで沖縄自動車道で走ります。写真の111系統は、名護バスターミナルで乗り換えとなります。もう一つの117系統は、本部港から美ら海水族館方面へ乗り換えなしで行くことが出来ます。1日9便運行されています。料金は2500円。所要時間は2時間13分。

111系統利用、名護バスターミナルで乗り換えの場合、那覇空港~(那覇バスターミナル経由)~名護バスターミナルは14便あります。那覇空港~名護バスターミナルは2020円。所要時間は1時間半。ここから乗り換えで、66系統が1日12便、所要時間51分、880円。さらに70系統(今帰仁周り、本部港周り)所要時間49分、880円。

やはり名護乗り換えは、時間的、料金的に見ても美ら海水族館が目的なら、あわないでしょうね。

高速バスは3社共同運行です。バスなびを利用すると便利です。

 

空港リムジンバス(沖縄バス・ホテル直行なら最適)

那覇空港とホテルを結ぶリムジンバス。空港からホテルに直行するなら、各地域に運行されているので、ほぼ希望が叶うでしょう。A地区は宜野湾、北谷。 B地区は読谷。 C地区は恩納村の南部。 D地区は恩納村北部から名護。 E地区は名護から本部町。今回比較しているE地区への料金は名護バスターミナルまで2200円、美ら海水族館(オリオンモトブリゾート&スパ)まで2500円。

C地区までなら片道6便ありますが、E地区は1日3便。

現金での乗車はできないので、那覇空港または那覇バスターミナル(旭橋)内でチケットを購入する必要があります。また、ホテルから観光へ移動するには他の路線バス、タクシーなどの併用が必要です。

空港リムジンバスのHPはこちらです。

 

北谷ライナー・カリー観光(宜野湾、北谷が便利)

カリー観光は宜野湾、北谷に向かうなら非常に便利なバス会社。美ら海水族館方面へは1日2往復。那覇空港発は10時と12時。沖縄エアポートシャトルと同様に2回券3200円で利用できる。一般料金は片道2000円。

北谷ライナーバスを使ってレンタカーなしでも楽々宜野湾・北谷観光へ!の記事はコチラです。

カリー観光バスの公式サイトはコチラです!

 

 

路線バス(観光者なら1日パス2500円)

沖縄在住者だと使えませんが、観光客なら沖縄路線バス周遊パス(沖縄本島内4社乗り放題)が利用できます。1日パス2500円、3日パス5000円(お子様は半額)、さらに500円足すとゆいレール乗り放題も付いてきます。パスポート、免許証等住まいが確認できる書類が必要です。

沖縄のバス路線は慣れないと複雑ですが、テレビで今流行の路線バスの旅的に回ってみるのも面白いでしょう。

沖縄本島内の路線バス

沖縄路線バス周遊パスの公式サイトはコチラです!

バスの路線、時刻等を調べるにはバスなびが便利です。

 

ツアーバス

那覇空港や那覇市内各ホテルを出発、帰着も同じ場所に着くツアーバスは、那覇滞在の方には便利な交通機関です。美ら海水族館だけではなく、名護パイナップルパーク、万座毛などの観光地を含むコースがあって、バスガイドが乗っている場合が多いので、車なしでの沖縄観光は便利です。一部のコースを紹介しているだけですので、各社他のコースもあるので確認してください。

サンゴツアー(美ら海水族館滞在時間最長)

那覇空港出発ではなく、ロワジールホテルを7:00出発、県庁前、おもろまちDFS、ノボテル沖縄など7カ所を経由して、沖縄自動車道を経由して、美ら海水族館へ。帰りに御菓子御殿名護店を経由、水族館の滞在時間は10時から15時の5時間。帰りも同様にホテルまで送ってくれます。

美ら海水族館滞在時間:5時間

料金:大人4200円 高校生3800円 小/中学生3600円 3歳~未就学児2800円

入館券:込み

直行!美ら海水族館♦︎5時間大満喫コースの詳細はコチラです。

 

ラド観光(美ら海水族館16時からチケットで最安)

16時からチケットを使用するため、安い。那覇空港発14:00で美ら海水族館直行

美ら海水族館滞在時間:2時間半

料金:大人3500円 小/中学生2300円 4歳以上未就学児(バス代のみ)1800円

入館券:16時~チケット込み

美ら海水族館直行バスコース( 美ら海クイックライナー)の予約・詳細はコチラです。

 

那覇バス(美ら海水族館、今帰仁城、ランチ付)

バス会社が主催するツアーならではのガイドに対する口コミが多い。古宇利島、今帰仁城の観光付と食事(オリオンモトブリゾートのバイキング)がありがたい。ただし、入館料別途。

美ら海水族館滞在時間:3時間(昼食時間の含む)

料金:大人7000円 子供3500円(3歳から11歳)

入館料:今帰仁城、美ら海水族館共に別途かかります。

【美ら海水族館 観光バスツアー】那覇発・1日/水族館にたっぷり滞在!<1名OK・3~5歳1名無料/昼食付>

 

セルリアンブルー(古宇利島、美ら海水族館、御菓子御殿、万座毛、琉球村)

8:30パレット久茂地(県庁前)、9:00おもろまちTギャラリア出発、古宇利島(20分)、美ら海水族館(150分)、御菓子御殿(30分)、万座毛(20分)、琉球村(60分)と北部観光して、那覇に戻ってきます。バスガイドが乗車します。

美ら海水族館滞在時間:2時間30分

料金:大人5500円 子供(3歳~15歳)3600円(食事付コースは料金が異なります)

入館券:美ら海水族館、琉球村

【美ら海水族館 観光バスツアー】食事券付プランあり/古宇利島・御菓子御殿・万座毛の予約/詳細はコチラです。

 

ジャンボツアーズ(パイナップルパーク、古宇利島、美ら海水族館、御菓子御殿、万座毛)

名護パイナップルパーク(50分)、古宇利島(30分)、美ら海水族館(3時間)、御菓子御殿恩納店(30分)、万座毛(20分)を回ってきます。出発地/帰着地はダブルツリーヒルトン、ロアジール、ロイヤルオリオン、おもろまちTギャラリアなど。

美ら海水族館滞在時間:3時間

料金:大人6000円 子供4500円(6歳から15歳) 幼児3000円(3歳から5歳)

入館券:美ら海水族館、名護パイナップルパーク

【美ら海水族館 観光バスツアー】古宇利島・ナゴパイナップルパーク

 

高速船・フェリー

那覇ー北谷ー恩納村ー本部を結ぶ高速船

4月1日から11月中旬までの運行。那覇は国道58号線の終点、明治橋のすぐ横から出港します。北谷(うみんちゅワーフ)、恩納村(シャラトン沖縄サンマリーナリゾート)、本部の渡久地港を結びます。

何よりも渋滞がないのが船を使うレンタカーなしの最大のメリット、そして残波岬や万座毛を海から見ることができる新しい観光ルートとして便利な移動手段です。

出港したばかりの高速船。後に見えるのが、沖縄セルラースタジアム那覇。すぐ、左手が国道58号線の終点・明治橋です。

コチラは本部町の渡久地港。向こう側に見える橋は本部大橋です。とんがり屋根のように小さく見える島が伊江島。

本部港とは違うので間違いのないようにしてください。本部町営市場や沖縄そば街道、山川酒造、アセローラフレッシュなどに近い位置にあるので、タクシーで観光してホテルに入るのも良い使い方だと思います。

第一マリンサービスの公式サイトはコチラです。

 

沖縄ー九州間をつなぐフェリーで本部港へ

那覇港と鹿児島の間を結ぶフェリーが2社あります。本部港に着き、伊江島航路は同じ本部港から出港するので、伊江島へ行く方は非常に便利です。本部の各ホテルにはタクシー町内バス利用。本来は本土と奄美、沖縄を結ぶ路線。通常の交通機関とは違うのかもしれませんが、大型船でレンタカーなし移動するのも沖縄のリピーターらしい移動の仕方かもしれません。

この2社はダブることなく、どちらかが運航しているので、毎日利用できます。料金、時間両社ともに同じです。

鹿児島 – 名瀬(奄美大島) – 亀徳(徳之島) – 和泊(沖永良部) – 与論(与論島) – 本部 – 那覇を航行しています。那覇港発は7:00、本部港着が9:00の2時間ちょうどの船の旅です。料金は2等2110円。

伊江村の公式サイトはコチラです。

 

マルエーフェリー(株)A”ライン

フェリーあけぼのとフェリー波の上が、就航しています。

A”ラインの公式サイトはコチラです。

マックスライン(株)

クイーンコーラルプラスとクイーンコーラル8が就航しています。マックスラインの公式サイトの方を利用すると、A”ラインの就航日でもA”ラインサイトにリンクしてあるので便利です。

マックスライン((株))の公式サイトはコチラです。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »