|

「ゆいレール」の1日乗車券は、観光スポットの割引も付いてお得!

「ゆいレール」の1日乗車券は、観光スポットの割引も付いてお得!




那覇空港に到着!! 那覇市内への移動に便利な沖縄都市モノレール「ゆいレール」。ここは、日本最西端の駅です。ここでゆいレールの便利な一日券と、その利用方法をまとめてみました。うまく使うとお得で便利!!

 

【ゆいレール1日乗車券は24時間有効】

dsc_0268

ゆいレールの1日券は、24時間有効! 知ってましたか? つまり、那覇空港に到着して、那覇空港駅で12時に1日券を購入すると、翌日の12時まで使うことができます。これは、意外と便利。3回乗れば確実に元が取れるので、計画的に使いましょう!料金は、1日券700円、2日券1200円。

たとえば、JRや私鉄各線は当日限りが主流です。終電が行ってしまえば、何時に買おうが終了。ちなみに東京メトロも24時間有効です。

日本語、英語、中国語、韓国語で書かれているのが沖縄らしいですね。

dsc_0269

 

【一日乗車券を提示すれば割引がある!】

12時に空港か宿泊ホテル(おもろまち)に移動、一日券700円ー切符代300円=▲400円

荷物を預けて、首里駅に移動、切符代260円=▲140円

首里城内見学して入場料820円が660円に、玉陵見学で300円が240円。220円お得なので、この時点でプラス80円

昼食時、夕食時に提携店を使って1日券を出せば料理が半額になったり、ドリンクが無料になったりします。

次の日、最初の移動で1回は使うでしょうから、おもろまちから空港と仮定 300円でプラス380円のお得。

使い方によっては、3回乗車だけじゃなく、4回、5回と乗れば言うことなし。

dsc_02071

ゆいレール一日券の特典一覧表はこちらをご覧ください。



【使用方法】

ゆいレールは、切符も、一日券もQRコードです。

沖縄都市モノレールはゆいレールのこと

OKIKA専用と書かれていて、間違えそうですが、ここで切符、一日券ともにピッとかざして通過します。

降りる時はどうする?普通は、回収されていきますが、降りる時もかざすだけなので、回収ボックスに入れて終了です。持って帰っても問題はありません。

OKICA専用自動改札機

 

切符の表面の一部にQRコードがあるので、かざす場所が違うと反応しづらいです。上手にかざしてくださいね。

dsc_0261

 

【OKICAは沖縄専用】

スイカ、パスモ、イコカ等は使えませんので、注意してください。沖縄ではICカードは「OKICA」。よく間違えるので、自動改札機には「OKICA専用」と表示されていますね。県内のバス乗車時にも使えるようになっていますが、観光県だけにスイカ等と共通にしようという計画はあるようです。

OKICAの詳しい情報はこちらからご覧ください。

 

 

【ゆいレール延伸計画】

首里駅より先、4.1kmの延長事業が進められています。これが開通できれば、那覇市内の渋滞緩和、北部観光時のパーク&ライドなどメリットは大きいでしょう。

詳細は沖縄県の情報をご覧ください。

さぁ、行ってらっしゃい!

dsc_0088

ゆいレールのホームページはこちらです。

ゆいレール展示館でわかる沖縄鉄道の歴史の記事はこちらです。



アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »